B00YG5MNNM

「ぜんそく」で悩んでいる人たちに朗報でしょうか。<ぜんそく>発症の仕組み解明 血管にたんぱく質 千葉大という記事がありました。ぜんそくなど重いアレルギー疾患を引き起こすたんぱく質を発見し、発症の仕組みを解明したという報告があったそうです。

ぜんそくは気管支などが炎症を起こし、気道がふさがって呼吸困難を引き起こす。アレルギー反応を起こした病原性免疫細胞が血管の外に出て、炎症の原因となることが既に判明していた。

詳細は記事でご確認頂きたいのですが、免疫細胞の通り道を作っているのが、アレルギー反応によって血小板から放出される「ミル9分子」だということを突き止めたのだそうです。この「ミル9分子」の働きを止める抗体にマウスに投与したところ、免疫細胞は血管の外にでなかったとのことです。

ぜんそく治療には免疫細胞の働きを弱めるステロイドなどが用いられるのですが、そもそも免疫細胞が血管の外に出て炎症を起こすということを食い止めることができれば、ぜんそくの発作が起こらなくなる可能性があるということなのでしょう。

「患者の不安が減る画期的な治療薬の開発につながる」と研究チームの教授は話しているそうですが、どのくらいで人にも使えるようになるのでしょうか。