B0012KWIIO

アラフォーにもなると、健康診断で血圧が高くて引っかかった、なんていう話も聞くようになりました。血圧の薬は飲み始めると止められないとも聞きますが、飲み始めたら飲み始めた飲み忘れの心配もあります。そんな高血圧を改善するためのワクチンが開発中なのだそうです。血圧下げる新ワクチン開発=ラット実験で効果確認―阪大という記事になっていました。

血圧を上昇させるタンパク質の働きを抑えるDNAワクチンを新たに開発したと、大阪大医学研究科の郡山弘助教らの研究グループが27日、米医学誌「ハイパーテンション」(電子版)に発表した。

現在はラットで実験が行われており「新ワクチンを投与したラットは2割程度血圧が低下し、半年間持続した」ことが確認されています。ラットの寿命と人間の寿命で比較すると、人間の場合は数ヶ月から数年程度のワクチンの効果があるとみられてるそうです。

高血圧ワクチン:血圧降下が半年持続 ラットで開発成功という記事に詳しくありました。

郡山助教らは、血圧を上げる作用を持つ血液中の分子「アンジオテンシン2」に対するワクチンの開発に取り組んだ。

ワクチンを投与すると、アンジオテンシン2の抗体が体内で作られ、血圧を上げる作用を抑えたそうです。

痩せたり運動したりで血圧が下がることもあると思いますが、どうしても体質で高血圧の人もいると思います。毎日の薬から解放されると思うと、これはかなり朗報ではないでしょうか。人間での治験は、2〜3年後を予定しているということです。

NHKためしてガッテン脱・高血圧の「超」常識 (主婦と生活生活シリーズ ガッテン「超」健康ブックス)

NHK科学・環境番組部、主婦と生活社「N 主婦と生活社 2008-12
売り上げランキング : 9348
by ヨメレバ