A0002 010279

レーシック手術を受けたという話はたまに見かけるのですが、知り合いからは不具合を感じたという話はまだ聞いたことはありません。ただ、目の手術は自分では怖いです。そんなレーシック手術ですが、レーシック手術、4割が「不具合感じる」 消費者庁調査というニュースになっていました。

消費者庁は4日、視力回復のレーシック手術を安易に受けることは避け、リスクの説明を十分受けるようにと注意喚起した。

消費者庁が、レーシック手術に対して注意を呼びかけた、というものです。過去5年間に、危害発生の情報が80件寄せられた他、手術経験者へのアンケートでは、4割以上の人が何らかの不具合を感じたそうです。

今年11月におこなった手術経験者600人へのアンケートでも、259人(43%)が何らかの症状や不具合が生じていると答えたという。

「ドライアイで10分ごとに目薬をささないと目を開けていられない状態」といった重大な報告もあるそうですし、レーシック手術を受けた4割が不具合を感じているというのは、なかなか多い数字に見受けられます。

消費者庁では「インターネットでは景品表示法などに抵触する広告も散見される」としているそうです。かつて、アフィリエイトプログラムに誘われたことを思い出しましたが、レーシック手術は広告には積極的なイメージです(体験記ということもありお断りしました)。

レーシック手術に注意呼びかけ 消費者庁 NHKニュースでは、レーシック手術の合併症に苦しむ患者の声も紹介されています。

女性は、「目の中にシャンプーが入ったような痛みが、ひどい時は一日中続いている。レーシックによって、そうした痛みや、めまい、吐き気、頭痛といった症状が出るということは全く知らなかった」と話しています。

これは辛いですね‥‥。日本眼科学会の理事は「レーシックの手術には、メリットもあるがデメリットもあるということを、きちんと理解してほしい」とコメントしています。

ネタフルでは次のような記事を書いたことがありました。

レーシック手術を受けると住宅ローンが組めなくなる!?

レーシック手術の術後1年間は関連する診療は自費診療

レーシック手術で67人感染症、19歳女性失明の恐れ