4416709188

「PM2.5」など空気中の微粒子が話題になっている昨今ですが、超微粒子、母体→胎児の脳へ マウス実験、細胞に異常もという記事がありました。マウスの実験で、なおかつ「PM0.1」という超微粒子の話です。

妊娠中の母親が空気中の超微小粒子を吸い込むと、直接胎児の脳へと運ばれ、細胞に異常をきたす――。こうした現象を東京理科大などの研究グループが世界で初めて動物実験で確認した。

マウスでの動物実験において「PM0.1」という超微粒子を妊娠中の母親が吸い込むと、それが胎児の脳に運ばれ、細胞の異常を来すことが明らかになったのだそうです。

「PM0.1」は「PM2.5」の25分の1の大きさの超微粒子で、実験では「都市屋外の7~8倍程度の濃度(1立方メートル中170マイクログラム)の微粒子が含まれるディーゼル排ガス」を使用したそうです。

生まれたマウスの脳血管に近い細胞内に超微粒子が蓄積し、血管がふさがるなどの異常が確認されています。

すぐに人間にどうこうという話ではないと思いますが、大気汚染は「PM2.5」WHOが"発がん性がある"と正式に発表という話もありました。それにしても、吸引した超微粒子が、母から子に運ばれるとは思っていませんでした。