4167330237

なぜ、がんになるのか。原因が分かれば対策をすることもできる訳ですが、がんの原因となる遺伝子の異常について、新たに13種類が見つかったそうです。がん原因の遺伝子異常 新たに13種類という記事になっています。

がん患者7000人を対象にした日本など国際チームによる研究で、がんの原因となる遺伝子の異常が新たに13種類見つかり、今後、がんの治療法の開発につながると期待されています。

遺伝子の突然変異による異常により発症するがんですが、その遺伝子の異常に関して、これまで知られていたものとは違う、新たに13種類の異常が明らかになったそうです。

これまで知られていたのは、老化や発がん性物質です。

ただし、こうした遺伝子の異常がなぜ起こるかはまだ分かっておらず「遺伝子の異常が起こる原因を突き止めれば、新たな予防法や治療法の開発に役立つはず」と研究者はコメントしています。

がんになるのは健康状態や生活環境など複合的なものによるものかな、とは思っているのですが、少しでも予防法が明らかになると良いのですが。研究が進むことに期待したいと思います。