Cancer 000788055222

がんの幹細胞だけに反応するマーカーが特定されたという発表がありました。がんの幹細胞を標的にした治療法の開発に、大きく役立つ可能性があるそうです。

がん幹細胞のマーカー特定=新たな治療法開発に期待―京大(時事通信社) - 国内 - livedoor ニュースという記事になっていました。

がんの幹細胞だけに反応するマーカーを特定したと京都大大学院消化器内科学の千葉勉教授らの研究グループが発表した。マーカーが発現した細胞を除去しても正常組織への副作用はなく、新たな治療法が期待できるという。

がんの治療には、がん細胞を作る幹細胞を根絶する必要があります。これまでは、がんの幹細胞のマーカーが、正常な細胞にも発言してしまい、区別ができなかったのだとか。

それが「Dclk1」という遺伝子に注目し、発現している細胞だけを排除する遺伝子操作をしたところ、腫瘍だけを1/5に縮小することに成功したそうです。

つまり、正常な細胞はそのままに、がんの幹細胞だけを治療する方法の開発に、大きく役立つマーカーが特定された、ということなのだそうです。

がん細胞だけを縮小、根絶することができれば、夢のような治療法ですね。