A0001 013317

携帯電話と脳腫瘍の因果関係は? ということで、携帯使用で脳腫瘍?伊最高裁労災と認める、という記事があったのでご紹介です。

イタリアの最高裁は18日までに、仕事で携帯電話を長時間使用したことが脳腫瘍の発症につながったとの北部に住む男性(60)の訴えを認め、全国労働災害保険協会に労災保険の支払いを命じる判決を下した。

仕事で携帯電話を使いすぎたために脳腫瘍を発症した‥‥という訴えが、イタリアの最高裁で認められたそうです。

脳腫瘍を発症した男性は、2002年までの12年間に、仕事で1日5〜6時間、携帯電話やコードレス電話を耳にあてて使い続けていたのだそうです。

それだけ長時間に渡る電話の使用だと、ヘッドセットなどの方が楽なんじゃないかとも思うのですが、1990年代だと、まだそういう時代じゃなかったでしょうかね。

結果、頭部左側に脳腫瘍を発症し、それの原因が携帯電話の使いすぎである、と訴え出た訳ですね(幸い腫瘍は良性だったとのこと)。

判決に採用されたのは‥‥

判決は、長年にわたる携帯電話使用と脳腫瘍発症の因果関係を示したスウェーデンの学者らの研究結果について「信頼性が高い」と認定。

という研究結果で「少なくとも原因の一つと言える」としたということです。

ネタフルでも記事を書いていますが、携帯電話が脳腫瘍の原因になるとすると研究結果もあれば、そうでないとする研究結果もあるのですよね。

携帯電話の長期使用と脳腫瘍リスク増加に関連なし

携帯電話の使用で脳腫瘍リスクが増大?

携帯電話「10年以上の使用で、脳腫瘍が2倍に」

携帯電話の使用が10年以上、というのが一つの目安のようですが。