A0007 001765

免疫力が低下すると、病気にかかりやすくなります。では、免疫力を上げるにはどうしたら良いでしょうか? 激しい運動は逆効果、免疫力を上げ健康になるには?という記事がありました。

免疫は、身体の中に入ったウイルスや細菌のような異物を排除するシステムだ。だから、免疫力が落ちるとウイルスが侵入しやすくなり、風邪にかかりやすくなる。空気中には、さまざまなウイルスや病原菌があふれているので、もし免疫システムが破壊されると、人間は2週間と生きていられない。

免疫力が低下すると感染症にかかりやすくなるだけでなく、ガンにもなりやすくなります。

というのも、身体の中では毎日ガン細胞が作られており、それを免疫システムが排除しているからで、免疫機能が弱ればガンになりやすくなります。

その免疫システムを担っているのが、白血球だ。いろいろな種類があるが、なかでも重要なのがリンパ球だ。リンパ球にも種類があって、獲得免疫に関わるT細胞とB細胞、それに自然免疫を行うナチュラルキラー(NK)細胞がある。

NK細胞の活性が下がると、ガンになりやすくなるそうです。NK細胞が最も影響を受けるのはストレスで「まじめな人は強い精神的ストレスを受けるので、長生きしない」という研究結果もあるのだとか。

病は気からとはよく言ったもので、クヨクヨしないとか笑うとか、いかにストレスを受けないでいるか、というのが大切なのですよね。「まじめな人の死因の8割くらいは、がんだった」とも。

では、NK細胞の活性を上げるにはどうしたら良いか?

・声を上げて笑う
・しっかり栄養をとる

ということが挙げられています。

栄養をとるには、牛乳がオススメで、苦手な人はヨーグルトでも良いそうです。ヨーグルトの乳酸菌には「栄養面とは別に、NK活性を上げる働き」もあるそうなので、朝食にヨーグルトを食べると良さそうですね!

20代くらいの若者ならもともとNK活性が高いので、少々の無茶をしてもなんとかなるが、40代を過ぎたら、気をつけたほうがいい。

徹夜とかも良くないそうです。気をつけよっと!

また、ゆるい運動はNK細胞を活性化させるけれど、激しい運動はよくないそうです。

とりあえず、ゆるい運動かな〜。それが難しいんですけどね。