Hamburger396533855

寝不足だとジャンク・フードが食べたくなる? « クーリエ・ジャポンの現場から(編集部ブログ)という記事がありました。なんですって、寝不足だと脳がジャンクフードを欲しがるですって!?

今月9日から13日にかけて、米国ボストンで睡眠に関する学会「SLEEP 2012」が開催されました。そこで発表された米コロンビア大学の研究によると、睡眠不足な脳は、充分に休めている脳に比べて、ジャンク・フードに惹かれがちになるそうです。

25人の健康な男女に対して十分な睡眠と、睡眠不足の状態を作り、健康的な食べ物とそうでない食べ物を見せた時の、脳の活動を測定したのだそうです。

すると、睡眠不足の人々の脳は、ジャンクフードを価値があるものとして認知したのだそうです。

実際に、この研究の食物摂取データでは、睡眠が制限された場合には、通常の睡眠を取った場合よりも、被験者の食物総摂取量と脂肪摂取量が増加していたそうです。

確かに、疲れているとなんとなくジャンクフードがパワーのあるものに見える、というのはあるかもしれませんね。野菜じゃちょっとパワー不足、みたいな。

ダイエットをしている人は、十分な睡眠を取るというのが大切ですね。