プレミアムアイ 30粒 ※天然成分特化型アイケアサポートサプリ!

ある奈良県の眼科医が目について書いたブログ : LASIK(レーシック)手術の術後1年間はどこの施設であっても関連する診療は自費診療となります。そのためレーシック難民がさらに困ったことになっていますというブログ記事が話題になっていたのでご紹介です。

「診察の前にお断りしなければいけないことがあります。それはレーシック手術は保険適応外の治療なのです。そのためレーシック手術を行った1年間くらいは関連する治療は自費診療になります」

既にレーシック手術を受けられている人は、事前にこうした説明を受けられていると思いますが、今後、レーシック手術を受けようと思っている人には検討の材料になりますね。

レーシック手術は保険適応外の治療となるため、術後1年間は関連する治療は自費診療になる、のだそうです。

レーシックを行っている施設は、手術後の定期検査やお薬についても手術費用に含まれているところが多いようですので、術後の気になることがあれば手術を受けられたところで治療を受ければ無料で治療をしてくれるようです。

レーシック手術を受ける際は、手術後の診療に関してもきちんと確認しておいた方が良さそうですね。また、病院が近所であれば通えると思いますが、遠方の場合には注意が必要になりそうです。

「レーシック難民にならないためには、手術の費用の安いので選ぶのではなく、術後のケアのしっかりしているところで受けられることをお勧めいたします」と、記事を書かれた奈良県の眼科医の先生もまとめられています。

レーシックに関して、ネタフルでは次のような記事を書いています。

レーシック手術を受けると住宅ローンが組めなくなる!?
「ハリセンボン」近藤春菜、レーシックで視力回復
はてな近藤氏がレーシック手術の動画を公開
レーシック手術で67人感染症、19歳女性失明の恐れ
レーシック大手「神奈川クリニック眼科」破産