起きたらぐったり……二日酔い即効解消ワザという記事より。

そもそも二日酔いというのは、何なのだろうか。「頭痛や動悸、だるさの原因は主にアセトアルデヒド。アルコールを肝臓で分解する過程で発生するこの物質が翌朝になっても残っていることが原因だ」(高田馬場病院の中本謙院長)。

最近は“飲みすぎる”ことに敏感になっているというか気をつけているというか、ひどい二日酔いになることは減った気がします。

もちろん「どよーん」と、なんとなく調子が悪いということはたまにあるのですが、頭痛がひどくて起き上がれないとか、すっぽり記憶が抜け落ちているといったことは無くなりました。

とはいえ、年末年始の忘年会・新年会で大変な思いをしている方もいるかもしれませんので、二日酔いにならないように気をつけることが書かれている記事のご紹介です。

体内に入ったアルコールは肝臓に運ばれてアセトアルデヒドになり、最終的には炭酸ガスと水に分解される。ところが、大量のアルコールを飲むと処理が追いつかず、翌朝になっても血中にアルコールやアセトアルデヒドが残ってしまうという わけだ。

記事で紹介されているのは「アルコールは胃と小腸で吸収される」ということで、空きっ腹でアルコールを飲むのはやめましょう、という話。

また、アルコールの代謝に糖が使われるため、飲み会の〆にお粥や果物などのデザートを頼むのも手と。

お酒を飲む前に飲むとより効果があるとされるウコンも、飲酒後でも一定の効果が期待できる。ドリンクタイプのものなど、最近ではコンビニエンスストアなどで簡単に安く手に入るようになったので、試してみるのも手だ。

この手の製品は確かに効くのですが、しかしなんとなく肝臓に無理をさせている気がしてならないのですね。必要以上に働かせているというか。なので、ここぞという時にしか、飲まないようにしています。

他に二日酔いにならないようにするポイントとしては、飲酒中から水分を摂取しておく、というのもあります。チェイサーに水などを飲んでおくと良いでしょう。

後は、実際に実践して効果があると実感するのが、寝る前にグレープフルーツジュースを飲む、ということです。水分補給の一環ですが、同時に糖も補えるし、ビタミンCとクエン酸を補給できるのも良いようです。

二日酔いに関してはいろいろ記事を書いておりますので、ぜひ参考にして頂けたらと思います。

深酒した後にグレープフルーツジュースを飲むと二日酔いしにくいかもしれない
「チャンポンすると二日酔いしやすい」ってホント?
二日酔い予防には何が効果的?
二日酔いにならないコツ
二日酔い対策には大量の水分摂取を
二日酔いしない飲酒量を計算しておけ!