<がん細胞>悪性化の仕組み判明 群馬大という記事より。

細胞内にある「Hsp90」というタンパク質が、がん細胞を悪性化する酵素の一つ「Polη(イータ)」の働きを促進していることを、群馬大生体調節研究所の研究グループが突き止めた。

癌細胞を悪性化される酵素の一つである「Polη(イータ)」の働きを、「Hsp90」というたんぱく質が促進していることが明らかになったそうです。

抗がん剤で「Hsp90」の働きを阻害し、癌細胞の悪性化を抑える研究が進んでいるそうですが、その仕組みが判明したのはこれが初めてとのこと。

研究グループによると、細胞ががん化すると、Hsp90の働きが活発化する。また、がん細胞は遺伝子の変異を繰り返してさらに悪性化するが、Polηは変異を促進させることが分かっていた。

研究では「Hsp90」により「Polη」が分解されたり、働きが抑制されるのが確認されたということです。

癌細胞を消滅されることはできなくとも、悪性化を食い止めて、共存できるようになれば、と思います。

がんを抑制する遺伝子が特定される「PHLDA3」というエントリーも書いています。

■関連記事

がん悪性化の仕組み解明 新薬で治療の可能性も

研究グループは今回、複製に誤りを起こしやすいポリメラーゼのうち「ポルイータ」と呼ばれるものに注目。がん細胞を使った研究で、Hsp90がこの作用を促進することを確認した。がん細胞でポルイータなどの働きが進む仕組みはこれまで解明されていなかったという。

がん悪性化の仕組み解明

山下教授は、がん細胞の悪性化を抑制する道筋が見い出せたとして「がんを直接攻撃する従来の治療法とは異なる、新たな治療開発につながる」と期待している。