「日焼けマシン、発がんリスク最高レベル」 WHOという記事より。

世界保健機関(WHO)の国際がん研究機関(IARC)は、日焼けサロンやスポーツジムで使われ、人工的に紫外線を出す「日焼けマシン」の使用は発がんリスクを確実に高めるとして、発がんリスク分類でもっとも危険性の高い「グループ1」に引き上げた。

日焼け自体はあまり身体によろしくないとは分かっていたのですが、そうか、そうすると「日焼けマシン」もか。

ということで、人工的に紫外線を出す「日焼けマシン」が、発がんリスクを高めるとしてWHOが最も危険性の高いグループに引き上げたそうです。

30歳未満で日焼けマシンを使った経験のある人は、使ったことのない人より75%もリスクが高いことがわかった。日焼けマシンの使用による、眼球の色素細胞にできるがんのリスクも高かった。

ちなみに今回、発がんリスク分類で「グループ1」に分類されたのですが、同カテゴリにはアスベスト、たばこ、X線、太陽光があるそうです。

従来、紫外線のうちB紫外線(UVB)にだけ発がん性があると考えられていたが、A紫外線(UVA)もUVBと同じように発がん性があることもわかったという。地上に降り注ぐ紫外線の95%がUVAだ。

できるだけ外出する際には帽子をかぶったりとか、海辺で遊ぶときもTシャツを着て日焼け止めをしっかり塗るくらいが良いのでしょうかね。

紫外線に詳しい大学教授のコメントです。

「黄色人種は白人に比べて紫外線によるがんのリスクは数分の1だとされるが、油断はできない。屋外で浴びる紫外線の量が、欧米の多くの都市よりもかなり多いからだ。外出のときは、皮膚が赤くなるような日焼けをしないように、日焼け止めや日傘で予防すべきだ」

やむを得ずということはありますが、少なくとも率先して日焼けするというのは身体に良くなさそうですね。

(via Twitter / minako

ママはぐ 日やけ止めミルク 顔・からだ用 SPF21 PA++ 100g

B0016K7EVG