首都圏の駅、全面禁煙へ=来年4月から−JR東という記事より。

JR東日本は11日、首都圏の226駅について、東京など4駅の一部に設けられた喫煙ルームを除き、来年4月から全面禁煙を実施すると発表した。

JR東日本が、首都圏の226駅について、東京など4駅の一部に設けられた喫煙ルームを除いて全面禁煙にすることになったそうです。

決められた場所で喫煙している限りは良いのでは、と思っていたのですが「朝夕の一定時間以外はホームの端などに設けられた灰皿付近での喫煙が可能」ということで、あくまでも喫煙ルームではないので煙が漏れてしまう、ということがあるのですね。

ちなみに25駅ではホームの広さの問題から既に全面禁煙になっているということです。

4月以降喫煙できるのは、東京、大宮の新幹線ホームと上野、新宿の特急専用ホームなどにある喫煙場所だけとなる。

愛煙家は、どこで吸ってどう移動するか、とか綿密に考えながら行動しないといけませんね、JRを利用する時は。

JR東日本では「多くのお客様のご意見や社会における禁煙志向の高まりを受けた措置」としています。