コンビニでなんとなく目に入り、手に取ってみたら面白そうだったので思わず購入してきました。

将来的に自分もがんになる可能性が大いにある訳で、そうなった時に西洋医学の外科的治療法と化学療法だけで治る? という思いが常々あります。

コレを読んでから、身体を作るのは食事で、基本の食べることがとても大切なんだと思ってきたのですが、この本にも同じようなことが書いてあったので手にした次第です。

曰く、手術が終わった後はがんが再発するのを静かに待っている状態である、と。

ま、そこまで深刻でなくとも、Amazonのカスタマーレビューを見たら、食生活改善のきっかけになった等好評のようなので、とりあえず読んでみたいと思います。

なぜ「粗食」が体にいいのか―「食生活」ここだけは変えなさい! (知的生きかた文庫)

この小さな本が「あなたの人生」を変える!―最初は「この5つ」だけでもいい!(1)1日最低2回は「ご飯」をきちんと食べる、(2)「ジュース・牛乳」をやめて「番茶」にする、(3)たまには「五分づき米」を食べてみる、(4)菓子・酒・果物は「食べる順番」に注意する、(5)「野菜・魚は安いものを買う」と考える。

なぜ「粗食」が体にいいのか―「食生活」ここだけは変えなさい! (知的生きかた文庫)