緑茶たっぷり、胃がん撃退…喫煙者には効果なしという記事より。

緑茶の渋味成分であるポリフェノールの一種の血中濃度が高い女性は低い女性に比べ、胃がんになる危険性が約3分の1だとの疫学調査結果を、厚生労働省研究班(主任研究者・津金昌一郎国立がんセンター予防研究部長)が22日発表した。

つい先日も「緑茶で前立腺がんのリスク軽減」というニュースがあったりして、緑茶はがんに良さそうですね。

と思ったら、津金昌一郎さんというお医者さんが、緑茶とがんの関係を研究しているのですね。

過去には「1日5杯以上の緑茶で胃ガン予防」というエントリーもありまして、やはり津金昌一郎先生の研究でした。

以前から胃がんの予防に緑茶が関係ありそうだということが分かっており、今回、ポリフェノールの血中濃度が高いと「胃がんになる危険性が約3分の1」だと発表されました。

当時は、

今回男性で明らかな効果が認められなかったのは、喫煙などの影響を除ききれなかった可能性などいくつかの理由が考えられている。

ということだったのですが、今回の調査では、

「たばこと緑茶の組み合わせが悪いのではなく、緑茶をたくさん飲んでも、喫煙で効果が打ち消されてしまうためではないか」

というコメントが関係者よりなされています。

胃ガンのすべてがわかる本 (The stomach cancer book)

胃ガンのすべてがわかる本 (The stomach cancer book)