<ピロリ菌>やっぱりがん誘発 北大がマウス実験で初証明という記事より。

胃がんの原因とされるヘリコバクター・ピロリ菌が作り出す「CagA」と呼ばれるたんぱく質によって、がんが発症することを北海道大の畠山昌則教授(分子腫瘍(しゅよう)学)の研究チームがマウスを使った実験で証明した。

胃がんの原因とされてきた「ピロリ菌」が、がんを誘発していることが実験で証明されたのだそうです。

「ピロリ菌」が作り出す「CagA」を全身でつくるよう遺伝子操作したマウスを222匹作り実験したところ‥‥

うち2匹は約1年半後には胃がんを、4匹は小腸がんを発症した。さらに、17匹が白血病などの血液がんを発症

ということで「CagA」が胃がん以外にも関係している可能性が出てきたそうです。

「ピロリ菌に感染した人すべてが胃がんになるわけではないが、除菌の有効性を示唆する結果だ」というコメントが紹介されています。

確かに「ピロリ菌」て除去することができるんですよね。