疲れ目にお手軽“温パック”の勧めという記事より。

画面を見ているときには、まばたきの回数が激減すること。まばたきの回数が減れば、涙が目の表面に行き渡らなくなる。その結果、目が乾燥し、かすんだり、重くなったりといった不快感も生じるというわけだ。

まさに毎日PCのモニタと向かい合って仕事をしていますから、目は疲れます。目が乾燥するだけでなく、「目のピントを調節する筋肉も疲れてしまう」という問題もあるそうです。

そんなときの疲れ目解消法としてお薦めされているのが、蒸しタオルを目の上に5〜10分間載せて間接的に目を温める「ホットパック」です。

タオルはお湯につけてしぼったものでもいいが、水で濡らして軽くしぼったタオルを電子レンジで加熱しても、簡単に蒸しタオルができる。

会社に電子レンジはないんですよね。確かに電子レンジで暖めた方が気持ち良さそうだ。目の周りの血行が促進され、さらに水分補給にもなるということです。

「冷たいタオルで目を冷やした方が気持ちいい」という場合には「アイスパック」でも良いとのこと。