たった2分間のゆっくり呼吸で血圧が下がる、臨床試験で実証という記事より。

本態性高血圧患者が6回/分というゆっくりした呼吸を2分間行うと、収縮期圧が約9mmHg、拡張期圧が5mmHg下がることを示した。

ちょっと難しいお話ではありますが、要はゆっくり呼吸することで血圧を下げることができるということのようです。

ぼくは血圧お高めなんですが、一つに緊張しやすいというのがある気がするんですね。いざ計りまっせ、となると、緊張してしまう。

次の健康診断では、このゆっくり深呼吸をしてから試してみたいと思います。