失明の危険もある“コンタクトmm眼障害”という記事。“異物”を直接目の中に入れることなので、できる限り眼科専門医に診察して貰いましょう、と。

コンタクトmmに関する目のトラブルが増加している背景には、インターネット通販や非眼科医による量販店での購入など、安易な消費者意識もあると思います。今回薬事法の改正により、コンタクトmmが“高度医療機器”に分類されるようになりました。つまり、それだけ使用するには十分な注意が必要だということです。