冬太り予防の“鍋”はスープが決め手という記事より。

そこで今回は、冬太り対策や健康増進に効果があり、しかも食べておいしい鍋料理やスープ料理を紹介しよう。

ということで、大切なのは「たれ(スープ)」の選択なんだそうです。

冬太りが気になる場合は、急激に血糖値が上がる食材は避けた方が無難ということで、砂糖やみりんが多く使われるすき焼き、おでんが挙げられています。代わりに「みそ・豆乳」「酢・かんきつ類」「トマトソース」をだしやスープに使った鍋料理だと、ゆるやかに血糖値が上がるため、体脂肪がたまりにくいとのこと。最近、もしかして豆乳鍋とか流行ってますか?

薬味や味付けとして、好みに応じて、代謝を高めるニンニクやトウガラシをたっぷり使うといいだろう。鍋に入れる食材は、野菜、キノコ、豆など、食物繊維が多いものをたくさん入れよう。

なるほどなるほど。まあ、野菜が身体に良いのは明白ですね。「食物繊維は整腸作用があるだけでなく、糖質、脂質の吸収を緩やかにして血糖値の上昇を防ぐ働きがある」そうです。しかし「ビタミン類も流れ出すだけでなく、血糖値上昇を抑える効果が弱くなってしまう」ので、野菜は長く煮込まないように注意だそうですよ。

で、最後に炭水化物が欲しくなるのが鍋の常な訳ですが、ダイエット効果を期待するならば、

・パスタ
・そば
・そうめん
・玄米
・発芽米

が良いそうです。

で、お勧め鍋は、

・豆乳しゃぶしゃぶ

豆乳しゃぶしゃぶは、コンブのだし汁と豆乳をまぜ、弱火でじっくり加熱。豚しゃぶしゃぶ肉のほか、白菜、水菜などの野菜、キノコなどを湯通しして、ポン酢で食べるといい。

・酢辛湯(サンラータン)

煮立った鶏ガラスープに豚肉(細切り)を加え、キクラゲ、モヤシ、エノキ、ニンニクの芽、豆腐(細切り)を追加。酒と塩、しょうゆで味付け。水で溶いたカタクリ粉を加えてとろみをつけたら、溶き卵を回し入れて、半熟状に固まったところで火を止める。

・ミネストローネ

トマトの赤い色素「リコピン」には、強い抗酸化作用があることが知られている。また、クエン酸も多く含まれており、トマトソースの鍋は健康効果が高い。なかでも、ミネストローネは豆や野菜が多く、食物繊維が豊富だ。

ということで、豆乳しゃぶしゃぶとか、ちょっと食べてみたくなりました。

▼楽天で豆乳しゃぶしゃぶセットを見てみる( a , b , c