B00UBS2OIC

ソニーのHDDレコーダー「nasne」はプレイステーションがなくてもスマートフォンがあれば使えるように進化してきたそうで、ソニー「nasne」が最強のHDDレコーダーに進化 もはやプレステ要らず、スマホでの使い勝手が大幅向上というレビュー記事をふむふむと読んでいたのですが、個人的に驚愕の話が。「nasne」という製品名の由来は「NAS+torne」からきているそうです。

nasneは地上/BS/110度CSのデジタル3波に対応したシングルチューナー搭載のHDDレコーダー。ネットワーク環境に接続することで、テレビやスマホ、タブレット端末、パソコンなどで録画した番組や現在放送中の番組を視聴できる。そして、torne mobileはそのnasneの機能をスマホで楽しむためのアプリとなる。

「torne」はまだしも「nasne」ってなんだろうと思っていたのですが、言われてみれば確かに「NAS+torne」ですね。これが分かると「nasne」が「torne」の発展型の製品であることが理解できます。

torneは地上デジタルのみに対応したシングルチューナーを搭載する周辺機器で、HDDやネットワーク機能は非搭載。そのため、PS3に接続することで初めて録画番組を保存したりテレビ番組を視聴したりすることができた。

「torne」にハードディスクとネットワーク機能を搭載したのが、つまりNAS機能を追加したのが「nasne」ということになります。

ただ「nasne」と「torne mobile」でどんなことができるか、というのは、一般の人にはちょっと難解かな、とレビューを読んでいて思いました。機能追加がされてどんどん便利になった反面、それでどんなことができるのか、というのが具体的に見えにくいというか。

我が家ではREGZAにハードディスクを接続して番組録画をしていますが、考えたらREGZAで乗り換えるならまだしも、もし他メーカーのテレビを購入したらこのハードディスクの番組が見られなくなる可能性がある訳で、そういう意味では「nasne」のような外付けハードディスクレコーダーのメリットはあると感じました。1TBで2万円くらいなので、テレビ乗り換えの保険と考えると良いのかな、と。

nasne 1TBモデル (CECH-ZNR2J01)

B00UBS2OIC