“Wチューナー+おまかせ”で録り逃さない「新・スゴ録」という記事より。

ソニーマーケティングは5月12日、アナログチューナー内蔵「スゴ録」シリーズの新製品として、HDD&DVDレコーダー3機種、VHS一体型HDD&DVDレコーダー(3in1)2機種、VHS一体型DVDレコーダー(2in1)1機種など計6機種を発表した。

3in1モデルが登場ですか。既存のVHSユーザには嬉しいところ。3in1の160GBモデルで85,000円前後、250GBモデルで10万円前後ですから、手も出しやすい価格帯です。夏のボーナスでDVD&HDDレコーダーを買おうと思っている人には、良い選択肢の一つになりますね。

そして、

HDD&DVDレコーダーの上位2機種(HX92W/HX82W)には、地上波ダブルチューナー(地上アナログ放送×2)とBSアナログチューナーを搭載。

です。ダブルチューナーも欲しかった! そんなに多くないと思っていたんですけど、同時に録画したいこともあるもんなんですよ。これはいいな。

DVDレコーダー・HDDレコーダーを含めて価格などで比較検討したい方は下記のサイトを利用すると便利です。

AmazonでDVD・HDDレコーダーを比較
楽天市場DVDプレーヤー・レコーダー市場">楽天市場DVDプレーヤー・レコーダー市場

■関連記事

ソニー、ハイビジョン録画対応の新「スゴ録」登場

「デジタル放送の普及は“エアチェック受難の時代”と捉えている。デジタル放送標準の電子番組表を用いても、録画したい番組を的確に探し出すのは容易ではない。多チャンネルなデジタル放送時代にこそ“おまかせ・まる録”が必要だ」

ソニー、HDD&DVDレコーダー「スゴ録」の夏モデルが勢ぞろい!

ソニーのダブルチューナーの特徴は、2個のチューナーのどちらを使うかについてユーザーが選ぶ必要がなく、すべて自動選択される点。1回だけ録画可能のコピーワンス番組の同時録画や、BS放送との同時録画も可能なほか、DVDへの直接同時録画もできる。