ソニー、7ch同時録画対応レコーダ「VAIO type X」 −HDD容量1TB。デジタル放送録画ユニットも発売だそうです。

VAIO typexは、5月のVAIO新製品発表会で発表されたPCベースのHDDレコーダ。7系統の地上アナログチューナを搭載し、7番組の同時録画が行なえるほか、i.LINK接続した地上/BSデジタルチューナからのデジタル放送録画にも対応する。

これはもう、なんて言えばいいんですかね。価格は52万円、HDD容量は1TBですよ。テラですから。PCベースということで、スペックはこんなことになっています。

パソコンとしてのスペックは、Pentium 4 560(3.60GHz)、メモリ 1GB(DDR Dual Channnel 533MHz)、HDDはシリアルATAの1TB(250GB×4)で、500GBをPC用に、500GBを録画用領域として利用する。DVDドライブはDVD+R DL対応のスーパーマルチドライブ。OSはWindows XP Professional。

3系統のテレビチューナを搭載した「X3ビデオサーバー」と呼ばれる録画ユニットを2基搭載することで多チャンネルを実現しているそうです。ソニースタイルではHDDを最大400GB×4台の1.6TBにするカスタマイズが可能だそうです。いやはやなんとも。

Sony StyleロゴSP_468_60