三菱「楽レコ」も登場、6社が入り乱れるトップ10という記事より。

徐々にではあるが、アテネオリンピック需要を見込んで新規参入したメーカーがランキングに進出し始めたようだ。先週のランキングには、三菱電機「楽レコ」が初登場。同社を含め、6社が入り乱れる混戦模様となった。

1位松下、2位ソニー、3位パイオニアと、トップ3もそれぞれ違うメーカーがランクインしています。そんな中、2位で気を吐いているのは、我がスゴ録「RDR-HX8」です。もうすぐ発売開始から1年だというのに、なんでこんなに売れているんだろうか。

記事によれば、1.5秒で起動する三菱の「楽レコ」に注目しています。

しかし「楽レコ」といえば、やはり起動から1.5秒で録画を開始できるというクイックレスポンスの「DVR-HE700/600/500」が本命だろう。録りたい番組が始まる数秒前に帰宅しても間に合うわけで、実際、発表会で初めて見たときは、かなり惹かれた(ちなみに、わが家の「RD-X4」は、起動から1〜2分は何の操作もできないため、イザというときのために常時通電状態。画質や機能に不満はないが、家計と地球には優しくないのだ)。

スゴ録は起動までしばらく時間がかかるので、いざという時には非常に便利な機能だと思います。これからは、全てのHDDレコーダーがこんな感じになるでしょうか?

AmazonでDVD・HDDレコーダーを比較
楽天市場DVDプレーヤー・レコーダー市場">楽天市場DVDプレーヤー・レコーダー市場