世界初の400GB HDD搭載DVDレコーダー「Wooo」 - 日立も市場に本格参入へというニュース。

日立製作所は、家庭用DVDレコーダーで世界初という400GBの大容量HDDを搭載するなどしたDVDレコーダー「Wooo」シリーズ5機種を発表、同市場に本格参入する。日立グローバルストレージテクノロジーズ(HGST)や日立エルジーデータストレージといった同社グループ内の資産を生かして開発した今回の製品で、同市場でのシェアの確保を目指す。発売は5月下旬から順次、価格はいずれもオープンプライス。

用意されるモデルは、「MS-DS400」(400GB)、「MS-DS250」(250GB)、「DV-DS160」(160GB)、VHSビデオ一体型DVDレコーダー「DV-RV7000」、単機能のDVDレコーダー「DV-RX7000」の5機種です。ラインナップとしては定番でしょう。それにしても、400GBというのが際立ちます。

誤って録画番組を削除してしまった場合、電源をオフにする前であれば、直前に消した1番組に限って復元できる「録画タイトル復元機能」も備えるほか、地上/BSデジタル放送のコピー制御信号にも対応するため、「1回だけ録画可能」な番組をHDDに録画、DVD-RAMに移動する、といったこともできる。

この「録画タイトル復元機能」は今までなんでなかったのか? という機能かもしれません。操作を誤ってしまうというのは、意外とあると思います。特にリモコンに慣れないと、うっかり消してしまうなんてことはありがちだと思います。

既存のHDDレコーダーとどのように競い合っていくでしょうか。楽しみです。

400GバイトHDD内蔵DVDレコーダー(MS-DS400) 6月中旬 145,000円前後
250GバイトHDD内蔵DVDレコーダー(MS-DS250) 5月下旬 125,000円前後
160GバイトHDD内蔵DVDレコーダー(MS-DS160) 8月上旬 85,000円前後
VHSビデオ一体型DVDレコーダー(DV-RV7000) 7月中旬 65,000円前後
DVDレコーダー(DV-RX7000) 7月中旬 55,000円前後

楽天市場DVDプレーヤー・レコーダー市場">楽天市場DVDプレーヤー・レコーダー市場
AmazonでポータブルDVD比較

■関連記事

日立、400GバイトHDD内蔵DVDレコーダーなど5機種

日立製作所は、400GバイトHDDや250GバイトHDDを内蔵した機種など、DVDレコーダー「Wooo(ウー)」シリーズ5機種を5月下旬から順次発売する。全機種にDVDマルチレコーダーを採用しているのが特徴だ。

日立、DVDレコーダ「WOOOシリーズ」でレコーダ市場に本格参入

日立LG製のDVDマルチドライブを搭載。DVD-R/RW/RAMの記録に加え、DVD+R/RWの再生にも対応するが、DVD+R/RWの記録には対応していない。HDDは、HGST製で独自の「ヘッドロード/アンロード機構」により、衝撃に強く、高信頼性を実現したという

日立、400GB HDD搭載ハイブリッドレコーダ「WOOO」

録画予約には電子番組表の「ADAMS-EPG」を搭載し、EPGの情報を活かした検索機能などを多数搭載。チャンネル別/ジャンル別/登録出演者/個別出演者ごとに番組表示が可能なほか、800MHz駆動のVIA製CPUを内蔵し、動作の高速化を図っている。録画予約件数は最大100件/月。

日立もDVDレコーダーに本格参入、400GバイトHDD搭載機など5モデルを発表

これまでも散発的にDVDレコーダーを発売していた日立製作所だが、ラインアップを揃えて本格参入するのは初めて。立花常務は、この時期に本格参入を決めた理由について「日立は、AVメーカーとしてのブランドイメージが不十分。ブランド価値を上げるため、すべての分野で全く新しい技術で攻める必要がある。地上デジタルとフラットテレビが評価されている今、DVDレコーダーに参入するということだ」と説明している。

日立、400GBモデルなどHDD&DVDレコーダー5機種発表

軽快に動作する理由は、「本体に800MHzのCPU、128MBのメモリーを搭載することと、EPGのデータベースを最適化したため」(日立製作所 ユビキタスプラットフォームグループ インターネットプラットフォーム事業部 開発本部担当部長の宇賀神敦氏)という。