ソニー、「スゴ録」エントリー機とVHS一体型の新モデルです。

ソニーは4月1日、「スゴ録」シリーズの新製品「RDR-HX6」とVHS一体型DVDレコーダー「RDR-VD60」を発表した。どちらも4月21日発売予定で、価格はオープンプライス。店頭では、ともに7万円前後で販売される見込みだ。

実売価格はもっと下がって5万円台くらいに、すぐに突入するでしょうか? そうするとエントリーモデルとしては良さそうなのですが、HDDの容量が80GBに減った「RDR-HX6」だと、物足りなくなるのではないかと思います。160GBモデルを購入しておいた方が、後々のためには良いかもしれません。

RDR-HX6は、80GバイトのHDDを搭載したエントリーモデルだ。HDD容量以外は上位機の「RDR-HX10/8」と変わらず、DVD-R/-RW/+RWの3メディア対応、「G-Guide」によるEPG、キーワード検索をベースにした自動録画機能「おまかせ・まる録」、最大15Mbpsのビットレートで録画する「HQ+」モードといった機能を備えている。

HDD容量だけだったら、逆に「RDR-HX8」が良いのではないかと。あ、でもあまりテレビばかり見ない人でマメな人だったら80GBでも大丈夫かもしれませんね。

一方の「RDR-VD60」は、生産終了した「RDR-VD6」の後継機種となる。主な強化ポイントは“TV録画機能”だ。従来は1つだった地上アナログチューナーが2つになり、他社製品と同様、VHSとDVDで2番組を同時に録画できるようになった。

ダブルチューナー対応です。VHS+DVDというのも根強い人気があるようですね。

楽天市場DVDプレーヤー・レコーダー市場">楽天市場DVDプレーヤー・レコーダー市場
AmazonでポータブルDVD比較

■関連記事

“VHS+DVD”の魅力

実は隠れた人気製品となっているのが、“VHS+DVD”のハイブリッドビデオレコーダーだ。事実、2003年後半に単体モデルとして販売台数トップをひた走っていたのは、松下電器産業のVHS一体型DVDレコーダー「DMR-E70V」だった。

ネタフルで「スゴ録」に関する記事を検索する