隠れた人気者“VHS一体型DVDレコーダー”の魅力を探るという記事より。

実は隠れた人気製品となっているのが、“VHS+DVD”のハイブリッドビデオレコーダーだ。事実、2003年後半に単体モデルとして販売台数トップをひた走っていたのは、松下電器産業のVHS一体型DVDレコーダー「DMR-E70V」だった。

ネタフルではDVD&HDDレコーダーに注目してきましたが、実は隠れた人気商品が“VHS+DVD”だったそうです。VHSの資産をなんとかしたいと考えるならば、VHSをなんとかDVDなりHDDにダビングする必要がある訳ですが、選択肢としてはDVDが現実的でしょう。

VHS一体型DVDビデオレコーダーの魅力は非常にわかりやすい。まず、従来のVHSビデオデッキを完全に置き換えることが可能だ。VHSビデオデッキとの置き換えなら物理的な設置場所も増えないし、テレビとの配線も従来通りで済む。

意外とこの配線が厄介だったりします。

DVDには興味があるけれど、今のところVHSビデオだけでも困ってはいないという一般層には大きな魅力だろう。

VHSも維持しつつDVDも見たい、という場合には最適だったということですね。しかも「ほとんどの製品が地上波ダブルチューナーを採用し、VHSとDVDでの同時録画を可能にしている」ということですが、これはHDDレコーダーではハイエンドモデルで搭載されているものです。

松下がVHS+DVD+HDDのDIGAを出してきたのは、このVHS+DVDの経験があったからなんでしょうね。「VHSが見られなくなっちゃうのは困るんだよな〜」というお客さんに「これなら大丈夫ですよ!」と実に勧めやすいです(笑)

今回の特集では、ビクター、東芝、シャープの3機種が取り上げられるそうです。

ちなみにAmazonでの価格は

ビクター「DR-MV1」が79,094円
東芝「D-VR1」が74,800円
シャープ「DV-RW200」が75,566円

です。その他のDVDレコーダー・HDDレコーダーを含めて価格などで比較検討したい方は下記のサイトを利用すると便利です。

AmazonでDVDレコーダー・プレーヤー比較
楽天市場DVDプレーヤー・レコーダー市場">楽天市場DVDプレーヤー・レコーダー市場