松下、世界初のHDD内蔵VHSビデオ一体型DVDレコーダーなど「DIGA」を一新です。

単体型「DMR-E55」(3月20日発売、月産1万5000台)
VHSビデオ一体型「DMR-E75V」(4月21日発売、月産3万台)
160GBHDD内蔵「DMR-E85H」(4月1日発売、月産3万台)
250GBHDD内蔵「DMR-E95H」(5月10日発売、月産2万台)
80GBHDD内蔵VHSビデオ一体型「DMR-E150V」(6月21日発売、月産1万5000台)

ソニーにガバーっと抜かれてしまった松下が、巻き返しに出ました。注目はやはりVHSまで搭載してしまった「DMR-E150V」でしょう。DVD、HDD、VHSと盛りだくさん。

HDD、DVD、VHSそれぞれ双方向の6WAYのワンタッチダビングを実現し、1台でVHSテープからHDDに録画し、必要な部分だけをDVDに記録することも可能。

実売予想価格は11万円前後ということで、びっくりするほどではありません。過去のVHS資産がなぁ‥‥という悩みを抱えていた人も多いと思いますので、これはヒットの予感。2チャンネル同時録画も魅力的だなぁ。あ、でもHDDが80GBというのがちょっとおしいな。せめて160GBあると良かったんですが。80GBだと削除したりDVDに保存したりを頻繁にしないといけないかも。

AmazonでDVDレコーダー・プレーヤー比較
楽天市場DVDプレーヤー・レコーダー市場">楽天市場DVDプレーヤー・レコーダー市場

■関連記事

松下、新ディーガエンジン搭載、DVD/HDD/VHS一体型など、"DIGA"新製品

大容量HDDを搭載したHDD内蔵DVDレコーダーのE95H/E85Hは、「NEWディーガエンジン」を採用。効率的なレート配分などにより高画質な録画可能な「スーパーハイブリッドVBR」、画像の特徴分析に基づく最適なフィルタ処理を行う新開発のノイズリダクション(NR)技術「インテグレイティッドDNR」、ダビング時に3次元NRなどで横揺れやノイズを低減する「インテリジェント・ダビングDNR」といった高画質化機能が備えられた。

DIGAにVHS、DVD、HDDのトリプルモデルが登場

松下電器産業は2004年3月9日、DVDレコーダー「DIGA」シリーズの新製品5機種を発表した。その中で目を引くのが、80GBのHDD内蔵DVDレコーダーに、VHSビデオ機能が一体化した「DMR-E150V」だ。3つの機能が一体化したのは世界初。

DIGA新モデル登場! 長時間録画対応、EPGはHDD搭載全機種に採用

NEWディーガエンジンは3つの技術から構成されている。録画時に動きの多い/少ないなどからビットレートを可変させる際に、従来より効率よくレート配分を行うようにした「スーパーハイブリッドVBR」、画素単位で画像を分析しMPEG特有のブロックノイズなどを除去する「インテグレイテッドDNR」、外部入力やテープからDVDへのダビング時に、テープ特有のノイズなどを低減する「インテリジェント・ダビングDNR」だ。これらの技術により、細かい描写も忠実に再現できるという。