シャープ、AVサーバー「ガリレオ」の新モデル。無線LANを高速化です。

2003年3月に発売したAVサーバー「ガリレオ(HG-01S)」の後継機となる製品。ボディデザインを引き継ぎながら、HDDを120GBから160GBに強化したほか、無線LANルータ機能もIEEE 802.11g(最大54Mbps)に高速化するなどの強化が図られた。

ようやくHDDレコーダーが認知され始めたばかりなので、AVサーバというと別世界の感じもしますが、よりネットワーク化されているという意味合いで考えれば良いでしょうか。AVサーバって言われちゃうと、ちょっと一般の人からは遠い感じがしてしまいますね。

従来モデルと同様に、携帯電話からの録画予約にも対応するほか、新たに同社製PDAのLinux対応Zaurus(CL-C860/C760/C750)から自宅内のガリレオに接続可能とするソフト「Media Palette for Zaurus」を搭載。

例えばシャープだと、こんな連携が目玉なのかもしれません。

外出時にもザウルスからガリレオにアクセスし、録画したMPEG-4映像をダウンロードできるほか、録画予約や予約確認も行なえる。

ダウンロードに果たしてどのくらいの時間がかかるのか分かりませんが「AVサーバ」という感じはします。一人暮らしだったりすると、外出先からの録画予約というのはかなり重宝するかもしれませんね。

その他のDVDレコーダー・HDDレコーダーを含めて価格などで比較検討したい方は下記のサイトを利用すると便利です。

AmazonでDVDレコーダー・プレーヤー比較
楽天市場DVDプレーヤー・レコーダー市場">楽天市場DVDプレーヤー・レコーダー市場

■関連記事

シャープ、802.11gをサポートしたHDDレコーダ「ガリレオ」の新モデル

パソコンでの視聴は、同時に2台まで対応し、テレビ放送や録画番組の視聴以外に、ADAMS-EPGを利用した電子番組表、録画予約などが利用できる。また、最大5IDまでホームページを公開可能なWebサーバー機能をはじめ、画像ファイルをHG-02Sに登録できるアルバム機能、任意のファイルを保存可能な「メディアコンテナ」機能を搭載。