笠原一輝のユビキタス情報局 PCで録画した番組をテレビで見る~ネットワークメディアプレーヤー4機種を比較という記事がありました。PCでテレビ録画が習慣化している人には面白いかも。

そこで、PCに録り貯めた動画、さらには音楽、静止画などをネットワーク経由で再生する“ネットワークメディアプレイヤー”や“ネットワークメディアレシーバー”などと呼ばれるセットトップボックスが最近注目を集めつつある。Ethernetや無線LAN経由でサーバーとなるPCに接続し、動画、音楽、静止画などをネットワーク経由で転送して、テレビのビデオポートに出力することが可能になるデバイスだ。

PCで手軽にテレビ録画ができるようになったけれど、それを見るのにPCに向かって小一時間‥‥というのが辛い人も多いのではないでしょうか。もっとリラックスしてみたいよ、と。そんな方には、このネットワークメディアプレーヤーというのが良いと思います。比較的安価にHDDレコーダー代わりに使えます。

この記事では代表的な次の4機種を取り上げています。

AVeL LinkPlayer(アイ・オー・データ機器)
ルームリンク(ソニー)
MediaWiz(バーテックスリンク)
Play@TV(バッファロー)

PSXを断念した理由の一つに、イーサネットの口がテレビの側にないので無線LANを新たに追加投資しなくてはならない、というのがありました。ファームウェアのアップデートがどれだけの頻度で行われるか分からなかったので数千円の投資を渋ってしまったんですが、これらネットワークメディアプレーヤーだったら必ずネットワークを使用する訳ですから、無線LANに投資する価値があるかもしれません。PCカードスロットを備えている機種では、PCカードを挿入して使用することが可能です。

それぞれの使い勝手や比較は記事を見ていただくとして、これらがなんで良いかというと、やはり初期投資を抑えられることにあるのではないかと思います。既にテレビ録画できるPCを持っているならば、2~3万円の追加投資で済むわけです。HDDレコーダーを購入しようと思えば、最低でも6万円くらいはします。もちろんHDDの増設もできるし、PCを買い換えてもネットワークメディアプレーヤーはそのまま、というのも良いですよね。

テレビ録画できるPCを持っている人も多いと思いますので、この年末年始にネットワークメディアプレーヤーを選択肢として検討してみると面白いかもしれません。

▼Amazonで価格を見る(AVeL LinkPlayer, Play@TV, Play@TV 無線LANカードセット
▼楽天で価格を見る(ルームリンク, MediaWiz, AVeL LinkPlayer, Play@TV

■関連記事

ネットワークメディアプレーヤーの魅力

やパソコンには欠かせないテレビ機能。パソコンに撮りためた画像をテレビの大画面で楽しむための機器が「ネットワークメディアプレーヤー」だ。今、各社から続々と製品が発売されている。どんな機能を持つのか、実際の使い勝手をみてみよう!

デジタルコンテンツの楽しみ方を広げる「LinkPlayer」

そこで、一度だけ見られれば良い番組は低ビットレートでPCに録画しておき、無線LAN経由で再生。一方、保存しておきたい番組は、DVDメディアに高ビットレートで書き込んでおく。こんな使い分けが便利だろう。

ネットワークでも使えるDivX対応DVDプレーヤー「AVeL LinkPlayer」

AVeL LinkPlayerは、リモコンの操作性に若干不満はあるももの、価格は2万円台と従来のDivX対応DVDプレーヤーと変わらないのは魅力的。すでに大量のマルチメディアファイルをPCに溜め込んでいる人や、テレビ録画は普段PCで行っている人には、HDD&DVDレコーダーよりも利用価値が高く、オススメできる製品である。