CoCoonやスゴ録との棲み分けはどうするんだとか気になっちゃうんですが、ソニーからプレイステーション2ベースのハードディスク搭載DVDレコーダー「PSX」が正式に発表されました。価格は160GBモデル「DESR-5000」が79,800円、250GBモデル「DESR-7000」が99,800円です。両モデルの違いはHDDの容量くらい。発売日は2003年末の予定。

ソニー、「PSX」正式発表 250GBモデルと160GBモデルの2機種

「PSX」はプレイステーション 2の描画システムであるグラフィックス・シンセサイザとCPU「エモーションエンジン」を利用することで、快適なインターフェイスを実現。同社によれば、すべてのコンテンツを再生することのできる新たなプラットフォームとして「PSX」を育てていきたいという。

多分使わないと思うんですけど、プレイステーション2のゲームが出来るというのは、ちょっと嬉しいですね。HDD搭載DVDレコーダーとして考えた場合、なかなか値崩れしにくいと考えても、79,800円は手頃なのではないでしょうか。

PSX 8万円弱で登場、HDD内蔵DVDレコーダー市場はどう変わるか

PlayStation2の後継機ではなく、あくまでもリビングや個人で活用するハードディスク搭載DVDプレイヤーとしての位置づけが明確化されただけに、コクーンを始めとする同社エンターテインメント機器などとの連携についても気になるところであるが、現在のところはそうした機能の実装などは考えられていないそうで、今後の検討課題だそうだ。

価格的にも戦略的で、個人的には久しぶりにソニーがやってくれたな、という感じがしました。

ソニー、CEATECで「PSX」を一般公開

ソニーは、年内の発売を予定しているHDD搭載DVDレコーダー「PSX」を出展する。

ソニースタイル「PSX」

▼楽天で価格比較( a , b , c , d , e , f )

AmazonでDVDレコーダー・プレーヤー比較
楽天市場DVDプレーヤー・レコーダー市場">楽天市場DVDプレーヤー・レコーダー市場

■関連記事

ついに全ぼうが明らかになった「PSX」

今回、PSXではDVDビデオのメニュー画面は用意しなかったという。つまり、作成したディスクをDVDプレーヤーで再生しても、メニュー表示はなし。ダビングのウィザード画面で、先に選択した番組から順に再生される仕様という。軽快なGUIを持つPSXだから、さぞカッコいいメニュー画面ができるだろうと想像していただけに、少しガッカリした部分だ。

PSXって買いですか?

まだデジタルレコーダーを持っていない人は「買い」ですね。<コクーン>や「スゴ録」という選択肢もあるけど、1台目なら「PSX」がベターだと思います。

PSX 買う理由、買わない理由

その際、PSXのスペックを見ながらじっくりと他の民生機と比べるべきでしょう。PSXはDVD搭載HDDレコーダーとしてはシンプルな製品です。もし「可能な限り綺麗な画像で記録したい」「デジタル放送が録画したい」など、明確な目的があるならしっかりと見極めるべきでしょう。

ようやく見えてきたPSXの実像

確かに、コピーワンス番組のムーブを望むようなユーザーは、VHSデッキのユーザーというよりD-VHSデッキのユーザーだといえるかもしれないし、GOP単位の編集はフライングイレースヘッドのないビデオデッキのようなもの、とも考えられる。今回のPSXは、それくらいベーシックな録画機、という位置づけのようだ。

PSXのハイブリッドレコーダとしての性能を探る-ソニーに聞いた、PSXの長所と短所

ただ、その作りたかったレコーダは、多機能なものではなく、小学生から老人まで、誰もが使えるレコーダである。現在の日本のハイブリッドレコーダ市場は、多機能な製品で占められている。その市場に、価格競争力も持って一石を投じるのがPSXということになる。

ソニー「PSX」の正体はマイクロソフト「メディアセンターPC」へのカウンター・パンチ

これは憶測に過ぎないが,PSXの製品企画はまず,メディアセンターPCと同等の機能を低価格で実現することから始まったのではないだろうか。そして,グラフィックス描画能力,拡張性,ネットワーク機能,著作権管理機能などの要件を備えるPS2プラットフォームが,必然的に選ばれたのだろう。

開発者インタビュー「PSX」の足りないトコロ、足せるトコロ

一方で松岡氏は、ソフトウェアアップデートにより各種の機能が追加される可能性も示唆した。メインは音楽配信など将来のブロードバンドサービスだろうが、映像編集機能をはじめ、音楽再生時のプレイリスト編集やCDDB対応などに対する要望も多いという。 「PSXのユーザー層が“やりたいこと”が普通になったとき、それは提供することになるだろう。逆に、何が足りないのか、何が必要なのかという声を聞きたい」。

【CEATEC】ソニー、HDD&DVDレコーダー「PSX」を正式を発表

搭載ドライブはスロットイン式の4倍速DVD±R/RWドライブ。録画中にシーンをさかのぼって再生できる「追いかけ再生」や、HDDに録画しながら録画済みの別タイトルを再生できる「同時録画再生」など、HDDレコーダーとしての基本機能は備えている。

ソニー「PSX」は7万9800円から

他社の同等レコーダー製品にPS2(実売2万5000円程度)を合計した価格に比べ割安で、年末商戦の台風の目になりそうだ。

「PSX」正式発表、“ポストビデオ”を狙うソニー

PSXの多機能さは周知の通りだ。ゲーム、TV録画、音楽再生、デジカメで撮影した静止画の再生にくわえ、MPEG2録画した動画をリモコンで編集する機能も搭載する。TVチューナーは地上波アナログのGRT(ゴーストリダクションチューナー)とBSアナログを搭載。CATVチャンネル(13~35ch)にも対応している。

PSX 8万円弱で登場、HDD内蔵DVDレコーダー市場はどう変わるか

同社によると「PlayStationやPlayStation2の後継機というよりも、リビングや個人で楽しめるコンソール機」だそうで、そのため、名称も「ハードディスク搭載DVDレコーダー」とになったという。

PSXの野望?!

160GBのHDD搭載したDVDレコーダーを考えた場合、現在最も手頃な機種でも12万円程度であることから、PS2の機能を併せ持ったPSX(DESR-5000)が「79,800円」だとすれば、原価(部品・材料費)を割っていないとしても、開発費などの回収はかなり難しく、簡単に言えば「赤字」と推測できます。 

つまり、本体を売るだけで儲けるのではなく、PSXを利用した「サービス」を提供することで、利益を上げるのが「目的」と考えられます。