Maitouze 9215

鳩間島で宿泊したのは、民宿「マイトウゼ」です。宿泊施設と食事処が別になっていて、朝食・夕食は海を見ながら食べることができます。各部屋は個室になっており、トイレとシャワーが共同です。今回は春先の宿泊だったので、宿泊しているのは工事関係者のみだったのですが、きっと最盛期にはたくさんの人で賑わうんだろうなぁ。

「マイトウゼ」までのアクセスと施設

石垣島の離島ターミナルから高速船で鳩間島まで。港から「マイトウゼ」までは、徒歩5分ほどです。

Maitouze 9213

集落の中をゆっくりと歩いていくと‥‥。

Maitouze 9214

「マイトウゼ」の看板が現れます。

Maitouze 9217

共有スペースを中心に、それを取り囲むようにプレハブの個室がいくつも並んでいます。シャワーとトイレは左奥にあります。

Maitouze 9218

夜は共有スペースで盛り上がるのでしょうか?

それとも食事処にみんな集まるのでしょうか?

3月でも蚊がいたので、海の見える食事処かな?

Maitouze 9216

朝食、昼食、夕食の時間は8時、12時、19時となっています。民宿の食事だともう少し早そうなイメージがあったのですが、19時くらいまでは明るくて、十分に外で遊べるんですね。だから19時なのだろうなぁ、と思いました。チェックアウトは9時半です。

Maitouze 9219

共有スペースには、年季の入ったマンガが並べられていました。一人旅でまったりしていると、読書タイムとかありそうですね。

Maitouze 9220

共有の冷蔵庫。

Maitouze 9223

部屋の中です。ベッドは二つあったので、一部屋で二人まで宿泊が可能です。ベッドはなんとなく南国風?

Maitouze 9224

エアコンがありますが、こちらは有料制。100円で60分。離島ならでは、たまにお目にかかるシステムです。洗濯機もあり、そちらも有料で使用する事ができます。

離島の民宿は多くがそうですが、タオルや寝間着、シャンプーやリンス、そして歯磨きセットは持参しましょう。

「マイトウゼ」の食事

Maitouze 9302

「マイトウゼ」の食事処は、宿泊施設から徒歩3分くらいのところにあります。まるで海の家!?

Maitouze 9287

海に面しており、目の前には透明な海が広がっています! 凄いロケーション!

Maitouze 9289

食事処からはオーシャンビュー。まだ19時だと外は明るいので、海を見ながらの夕食です。離島の夜は遅い。

Maitouze 9288

最盛期は、きっとここで生ビールや泡盛を飲みながら、たくさんの人が食事したり、ゆんたくしたりしているのでしょうねぇ。

Maitouze 9293

なんて、静かな海を眺めながら、考えていました。

Maitouze 9296

島の夕食です。刺身が美味しかったです。お母さんが作って下さっているようなのですが、部屋からして、食事処からして、食事からして、完全に実家に帰っているような気分になります。どことなく、懐かしい空気。

Maitouze 9303

朝食です。ちょっと甘めの漬物が美味しかった。

Maitouze 9304

朝もやっぱりオーシャンビュー!

Maitouze 9306

あいにくの雨だったのですが、天気が良ければテラス席で食事したり、ゆんたくしたり、きっと最高のロケーションだと思いますよ。

Maitouze 9307

天気が良ければ、間違いなく絶景のはず。だって、曇って雨が降っているのに、こんなに海は青いだもん。

鳩間島で気をつけておくと良さそうなこと

Maitouze 9301

宿は10軒ほどあるそうですが、現在は商店がありません。飲み物を購入するには、近くに自動販売機があります。ただ、アルコール類は置いていません。宿の食事処でビールやアルコール類は飲めますが、もっと飲みたい人は、あらかじめ石垣島で泡盛のボトル、酒の肴などは購入しておくと良いでしょう。

「マイトウゼ」について

住所:沖縄県八重山郡竹富町鳩間46-2

島旅島宿

今回の旅について

竹富町主催のブロガーツアーに招待して頂いています。