スポンサードリンク

「味芳斎 本店」名物の麻婆豆腐と重慶紅焼牛肉

スポンサードリンク

味芳斎 本店 175648

浜松町・大門にある50年以上の歴史を誇る老舗中華料理店「味芳斎 本店」で、名物の麻婆豆腐と重慶紅焼牛肉を食べてきました。辛いもの好き、麻婆豆腐好きの間ではきっと定番の中華料理店だと思います。

席数の多い支店もありますが、今回は大門駅から徒歩1分とかからないところにある駅近の「味芳斎 本店」を訪問しました。支店は予約ができませんが、本店は予約可能です。「やってるよ」の横の扉をスライドして入店です!

スポンサードリンク

「味芳斎 本店」のメニュー

「味芳斎 本店」の店内はテーブル席のみです。そのため2人の予約は横並びで、他のお客さんがきたら相席となります。テーブル席が5つだったと思うので、最大でも20人くらいのコンパクトな店内です。BGMがかかっていないのでお客さんが少ないと静かですが、人が増えてくると会話が心地よく店内に広がっていきます。

味芳斎 本店 182653

メニューは壁にかけられています。ドリンクは生ビールが470円、ビール中瓶が620円、紹興酒がグラス600円、一瓶1,600円、桂花陳酒2,000円となっています。ハイボールとウーロンハイもありますが、恐らくビールと同じくらいではないかと思います。

すぐ出てきそうなメニュー。納豆肉炒め600円、とり唐揚930円、手羽先唐揚450円、揚ナス730円、砂肝700円、豚足450円、腸詰め400円、クラゲ930円、ピータン450円、豚耳冷菜630円、キュウリの冷菜750円。

料理のメニュー。椎茸肉うま煮1,350円、肉野菜うま煮1,250円、ナス肉うま煮830円、豆腐肉うま煮830円、家常豆腐1,250円、麻婆豆腐830円、肉レバー炒め930円、生姜レバー炒め930円、レバ野菜炒め830円、ニラレバー炒め830円、玉ねぎレバー炒め830円、ピーマンレバー炒め830円、ピーマン肉細切り炒め1,350円、肉細切り炒め1,350円、春雨肉炒め1,350円、合菜炒め1,350円、玉ねぎ肉炒め1,350円、ねぎ肉炒め930円、肉野菜炒め830円、ガツ炒め830円、もやし炒め830円、季節野菜炒め830円、ニラ玉子炒め830円、トマト玉子炒め830円、きくらげ肉玉子炒め930円、焼餃子730円、水餃子730円、高菜玉子スープ730円。

食事のメニュー。牛肉麺1,500円、肉ラーメン1,050円、湯麺830円、広東麺830円、五目そば830円、高菜そば830円、うまにそば830円、からしそば830円、もやしそば830円、麻婆豆腐麺730円、炒麺830円、牛肉丼1,500円、中華丼830円、麻婆豆腐丼730円、炒飯830円、高菜炒飯830円、納豆炒飯830円、ご飯200円。

最も高いのが重慶紅焼牛肉の2,200円ですが、これは牛肉丼の頭の部分なので、ご飯と一緒に食べたい人は丼にするのがオススメですね!

「味芳斎 本店」で食べて呑んで

味芳斎 本店 180431

生ビールを頼んだら出てきたお通し。山椒も入っていてピリ辛でビールが進みます(ビールの写真は撮り忘れました!)。

味芳斎 本店 180357

すぐに出てくるものをと一品頼んだのがクラゲです。うんうん、ザクザクした食感で美味しいですね。良いクラゲです。

そして、いよいよ食べたかった麻婆豆腐が出てきました!

味芳斎 本店 181804

豆腐の形がなくなっている麻婆豆腐です。ゴクゴクと飲めそうなビジュアルです。なぜ豆腐が細かくなっているかというと「香辛料を炒める時に豆腐も一緒に入れて炒める。だから、他の店の杏仁豆腐みたいなのと違って豆腐が細かくなるんだけど、そうすることによって豆腐にしっかり味が入る」のだそう。

味芳斎 本店 181811

一口食べるとピリリ! いい辛さです。辛いだけでなく、辛さの中の旨味も伝わってきます。二口目、三口目‥‥鼻の頭にじんわりと汗をかいていくのが分かります。一人で夕飯を食べに来ているお客さんは、みなさん麻婆丼を食べていましたが、クセになるのが分かる美味さですね。この美味さを知ると、豆腐の形はなくてよかったんだなと思います。豆腐が辛旨を吸収した渾然一体の味!

味芳斎 本店 181934

ここらで飲み物を紹興酒にチェンジ。1杯600円なので、4杯呑むならボトル1,600円がお得。注文すると瓶から瓶に注いで提供されます。昔は紹興酒は苦手だったのですが、美味しい紹興酒に出会ってから呑めるようになりました。中華料理には紹興酒ですね、やっぱり。

味芳斎 本店 185034

そして、もう一つの「味芳斎 本店」の名物である牛肉丼の頭である重慶紅焼牛肉も食べました。こちらも激辛とのことなのですが、ビジュアルからは辛そうには見えません。

味芳斎 本店 185037

が、ひとくち口に入れると八角の香りがやってきてからのスパイシー!

辛いのが苦手な人は下にあるモヤシと一緒に食べると良いかも。上のパクチーもひとあじ添えてくれます。これは確かに人気の丼だというのがうなずけますねぇ。

味芳斎 本店 191518

最後にハイボールで口もすっきりです。

麻婆豆腐も重慶紅焼牛肉もかなりの辛さと事前にネットで読んでいたのでドキドキしたのですが、自分的にはそこまでの辛さではありませんでした。昔は辛いものが苦手だったはずなんですけど、いつの間にか辛味に強くなったようです。十分に辛旨ですが、もっと辛くても美味しいいただけそうです!

ああ、でも本当に美味しい麻婆豆腐だったなぁ。今度、昼時に近くに行くことがあれば、ランチに立ち寄りたいですね。

ごちそうさま!!!!!!

「味芳斎 本店」の住所・地図

>>地図 : 味芳斎 本店 (ミホウサイ) - 大門/中華料理 [食べログ]

>>味芳斉 本店(大門/中華) | ホットペッパーグルメ

住所:東京都港区芝大門1-4-13

スポンサードリンク

前へ

楽天トラベルで★2のビジネスホテル「アゼリア」に宿泊してみた(草津温泉)

次へ

【Kindleセール】30%OFF以上「現代新書クラシックスフェア」(3/8まで)