「博多って大衆酒場はあるんですかね〜?」「そういえば1杯100円で呑んだ杯数は自己申告という店に行ったことがあるよ」「なにそれ面白い!」ということで、中洲から長浜までタクシーで移動して訪れたのが「第三共進丸」です(タクシーでワンメーターちょい、歩こうと思えば歩けます)。焼酎の呑み方もユニークですが、海鮮が美味しいお店だそう。

「第三共進丸」の外観

「第三共進丸」の外に掲げられた大きな写真。そこにはホリエモンがドドーンと写っていました。そういえば、ホリエモンは確か福岡出身だったような?

さらには「焼酎1杯100円 自主申告」と「魚のうまい店」の看板も目立っています。

反対側の壁に目をやると、こちらには「クッキングパパ」に登場した際の一コマが。うえやまとち先生も訪れているお店ということです。

ゴマサバや雑魚シューマイ、漁師かまぼこが気になります。

それでは店内へ!

「第三共進丸」のメニューと店内

丸いテーブルを囲む席に着席したら、隣には焼酎の一升瓶とグラスがずらり。1杯100円コーナーです!

ここに並んだ焼酎は1杯100円で、呑んだ杯数を自己申告するスタイル。酔ったら分からなくなってしまいそうなので、安いけど自重も必要です。

刺身、一品料理、煮物、焼物、揚物のメニューです。一品500〜700円くらいで、色々と食べやすい価格帯です。仕入れがあれば水槽で活イカが泳いでいるそうなのですが、残念ながらこの日はありませんでした。

1人で切り盛りしている大将です。「クッキングパパ」のイラストにそっくりです!

数々の雑誌などにも登場する店のようです。料理が美味しいのはもちろんのこと、やはり焼酎1杯100円、かつ杯数を自己申告というのはインパクトがあるんではないでしょうか。

焼酎以外のドリンクメニューもありますが、やはり「第三共進丸」に行ったら焼酎でいきたいですね。一升瓶を自分の席に持っていき、手酌している常連さんもいました。そういうのもあるのか。

「第三共進丸」焼酎が止まらない素敵スタイル!

早速、いきなり焼酎で乾杯です!

氷と水を出して頂いのですが、すぐに水割りからロックになってしまいました。だって、その方が焼酎らしさを感じられて美味しかったんです。程よく氷もとけましたしね。

地元の友人が「やっぱり博多は青魚やな〜」と言っていたのですが、確かに美味い! このゴマサバも絶品でした。

なかなか関東ではお目にかかれないですね。サバは鮮度が大事です。

メンタイカラスミ。これも焼酎に合う逸品でしたなぁ。濃い味をロックの芋焼酎でスッキリと。

雑魚シューマイ。これまた新鮮な魚が感じられる、ちょっとつまむのに良い一品。雑魚? いえいえ、美味いじゃないですか!

次々にグラスが空いていきます。できるだけ九州の芋焼酎を呑むようにしていました。

タコ刺し。

タコニラ玉。タコ好きには嬉しい料理が続きます。

ナマコ。博多で食べるのは赤ナマコだそう。これがかなり歯ごたえがあって、地元で食べられているものって面白いなぁと思いました。

他では見かけない、葉ワサビも食べてみました。その名の通りワサビの葉なのですが、これがそのままワサビの味がするんです。しかもかなりピリ辛! 初めて食べましたが、ちょっとクセになりそうでした。

最後に食べたのは、漁師かまぼこです。色々な魚をすり身にした自家製のかまぼこだと思いますが、食感がふわふわしていて、これまた絶品。500円はお安いですね〜。

とまあ、1人7杯くらいずつ焼酎を呑み、次の店へと向かうのでした。焼酎1杯100円で自己申告のユニークなシステム、美味い魚、最高です。天神からも歩けると思いますが、繁華街から少し離れたところにあるのが、ゆっくり呑める秘訣かもしれません。

長浜なので、シメにラーメンに流れても良いかも?

ごちそうさま!!!!!

=======================
博多のグルメ情報は「博多グルメ」からチェック!
=======================

「第三共進丸」の行き方・アクセス

>>第三共進丸 (だいさんきょうしんまる ) (天神北/魚介・海鮮料理) - Retty

住所:福岡県福岡市中央区長浜2-5