2012 02 09 0944

リコー「GXR」用の、APS-Cサイズカメラユニット「A16 24-85mm F3.5-5.5」の詳細が出てきましたね。発売は2012年3月下旬だそうです。

24mm-85mmの光学3.5倍ズームを搭載しました。広大な景色、狭い室内は24mmで。35mm付近は、自然なワイド感が得られ、キャンディッド・フォトでもよく使われる焦点距離です。さらに、肉眼の広がりに近い50mm、凝視したときの見え方に近い85mmと、さまざまな視覚の世界を一本でカバーできます。日常、目にする被写体のほとんどに対応できる、懐の深さも魅力です。

23.6mm×15.7mmの大型CMOSセンサーを搭載します。とっても、魅力的です。

「NEX-7」を買う気満々でしたが、このカメラユニットもいいなぁ。悩ましいなぁ。

実は「GXR」も、ボディはそれなりに小さいのですよね。さらに手軽にレンズユニットを交換できるから、新しいのを買い増すという選択しもありなのです。

どこかで実物を触ってみたいところです。

リコー、GXR用APS-Cズームユニット「A16 24-85mm F3.5-5.5」を正式発表という記事に詳しくあります。

同カメラユニットとGXRボディをセットにした「GXR+A16 KIT」も同時に発売するという。価格はオープン。大手カメラ系量販店数社では、7万9,800円で予約を受け付けている。

レンズキットも発売されるのですね。ちなみに、カメラユニットのみは6万円前後の見込みだそうです。

ズーム操作はズームリングではなく、GXRボディ背面のズームボタンで行なう。光学式の手ブレ補正機構は非搭載。なお、同じくAPS-Cセンサーを搭載するカメラユニット「GR LENS A12 28mm F2.5」および「GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO」と異なり、GR LENSではなくRICOH LENSとなっている。

おっと。「GR LENSではなくRICOH LENSとなっている」のですね。そうか。「GR LENS」だったら、この価格では無理かもしれませんね。

by カエレバ
by カエレバ