Gr digital iv 0489

クロスプロセスで味をしめ、その後も「GR DIGITAL IV」の画像設定機能を楽しんでいます。このフィルタのかかり具合がとても楽しいのです。

もともと、あまり画像フィルタというのはそんなに好きではなかったのです。ただ、細かく設定ができることを知り「それなら自分の味わいも出せるのでは」ということで、興味を持って試しています。

そして今、ハマっているのは「ブリーチバイパス」機能です。「ブリーチバイパス」というのは「銀残し」だそうです。

銀残し - Wikipedia

銀残し(ぎんのこし)は、フィルムや印画紙での現像手法の一つ。本来の銀を取り除く処理をあえて省く事によって、フィルムや印画紙に銀を残すものである。一般的に映画の現像で行われるもののことを言うが、写真のカラープリントでも同様の作業が可能である。

効果としては「映像の暗部が非常に暗くなり、画面のコントラストが強くなるので引き締まった映像になる。又、彩度の低い渋い色にもなる」というものです。

今回「ブリーチバイパス」の効果を実感するために、あえて全ての設定を強めにしました。こんな感じです。

Gr digital iv 8033

色調は寒色と暖色から選べますが、撮った感じからすると、個人的な好みは寒色でした。銀色で、より寒々とした感じになると思います。

写真を見て頂ければ、寒色か暖色かは一目瞭然と思います。

Gr digital iv 0490

Gr digital iv 0491

Gr digital iv 0492

コントラストを最も強くしているので、くっきりはっきりした写真になっています。

Gr digital iv 0493

周辺減光の様子も、はっきりと分かりますね。これも強めです。

Gr digital iv 0495

Gr digital iv 0496

Gr digital iv 0497

こうした画像設定を使うことで「さてどんな風に撮れるかな」という楽しみが、一段上がる気がしました。

写真の腕がないので、普通のものを撮影すると当然のように普通に撮れるのですよ。それが、こうした画像設定により、少し違う世界に見えるというのが素敵です。

そして、理由はどうあれ、たくさんシャッターを切ることで、少しずつ写真が上達するんじゃないかな、という希望も出てきます。

Gr digital iv 0499

Gr digital iv 0500

Gr digital iv 0501

Gr digital iv 0503

Gr digital iv 0505

Gr digital iv 0506

Gr digital iv 0510

Gr digital iv 0511

今は「自分のもう一つの目」という感じで、常に携行して、シャッターを切っています。

単焦点だからこそ、余計なことを考えずにカメラを向けてシャッターを切れるというのが、個人的にはありがたいです。

そして、とにかく画質が良いです。

さて、次はシャープネスとコントラストをちょっと調整して撮影してみますかね!

ネタフルでは次のような記事も書いています。

「GR DIGITAL IV」淡々と静かに時に情熱的に撮るカメラ
「GR DIGITAL IV」用に腰カラブラ小バッグを新調した!
「GR DIGITAL IV」クロスプロセスを使って自分の思い描く写真に出あえた

RICOH デジタルカメラ GR DIGITAL IV

B005NGLWSK

RICOH デジタルカメラ GR DIGITAL IV ホワイトエディション

B005NGLWPI