Kanesho 9433

店構えからしてかなりの老舗店。五反田駅から徒歩数分の焼とん酒場「かね将(五反田)」を訪問してきました。後の予定があったので軽めのゼロ次会でしたが、テキパキと昔ながらの良き大衆酒場の雰囲気を感じることができました。

「かね将(五反田)」のメニュー

Kanesho 9430

「かね将」の焼とんは1本100円です。れば、ひも、かしら、はつ、たん、コブクロ、がつ、なんこつ。焼とんで一杯やるのが好きな人には嬉しいお手頃プライス。

飲み物は生ビールが500円とおお高めですが、酎ハイなら宝焼酎230円に炭酸110円、しめて340円とリーズナブル。しかもこれ、中と外のような感じになっていて、焼酎はたっぷりとグラスに入ってきますので、実質、炭酸2本くらいはイケるのではないかと思います。

Kanesho 9431

食べ物のメニューも豊富です。大衆酒場的なメニューがずらずらと。味噌ピーナッツがメニューにあるの、初めて見たかも。ポップコーンも。納豆系も強いですよ、納豆豆腐、しらす納豆、まぐろ納豆、オニオン納豆などなど。

「かね将(五反田)」でサクッと

1次会も控えていたので、サクッと呑んでみました。

Kanesho 9427

頼んだのは宝焼酎と炭酸です。左の水のようにコップに入っているのが焼酎です。余裕で適量の赤い星を超えてくる量です。ゆえに、時間があれば炭酸を2本で攻め込むのが吉。

Kanesho 9428

アテその1はポテトサラダ。茶碗にたっぷり。恐らくラップをして重ねて置いてあったんだろうなぁ、という跡あり。

Kanesho 9429

アテその2は冷奴。こちらはノーマルですね。ノリがたっぷり。

Kanesho 9432

そして、嬉しい驚きがあったのが、この氷!

もう焼酎を頼むと炭酸などもお代わり前提なのでしょうね。たっぷりの氷がトングとともに出てきました。こんなの酎ハイの無限ループになってしまう! 怖いけど嬉しい!

こんな氷たっぷりのサービスは体験したことありませんでした。

16時30分オープンですので、早めの時間帯に五反田で呑みたい時にもオススメですが、18時30分には満席だったので、少人数で行くのが良いかと思います。とはいえ、お客さんの回転は早そうですが。

ちょっと急ぎ足だったため、肝心の焼とんを食べておりませんので、いずれ再訪したいと思います。ゆっくりと腰を落ち着けて。

ごちそうさま!!!!

「かね将(五反田)」のアクセス

住所:東京都品川区西五反田2-6-1

>>焼きとん酒場 かね将(五反田/焼き鳥) - Retty