Todaka gotanda 6894

ネタフルでも激烈にプッシュしている五反田ヒルズの「食堂とだか」に、新店舗が誕生しました。その名も「立呑み とだか」です。場所は「食堂とだか」の斜め前、歩いて数秒。

最近は「食堂とだか」が満席で入れないことも少なくないそうで、そんな時はウェイティングスペースとして「立呑み とだか」を使うこともできます。もちろん、立ち呑み目的で「立呑み とだか」に行ってもOK!

まずは「立呑み とだか」でスタート

Todaka gotanda 6880

カウンター内に立っている女性は、戸高店長の奥様でした。オープン仕立ててで、1週間限定でお手伝いしているとおっしゃってました。後からインタビュー記事を読むと、戸高店長は当時は彼女だった奥様を追いかけて東京にきたんですって‥‥やりますね!

「食堂とだか」は器が素敵だなぁ、と思っていたのですが、奥様が陶芸教室の先生で、自分で器も作りたくなった戸高店長が習いにいって、恋をしたのだそうです‥‥やりますね!

Todaka gotanda 6881

こちらがメニューです。立ち呑みですが、けっこうメニューの数が多いですね。「食堂とだか」とほぼ共通だと思いますが、料理はそちらから運ばれてくるものも多いです。「とだかのご飯が食べたいよー」という場合は「立呑み とだか」に行ってもOKです。

Todaka gotanda 6883

やっぱり食べたい「ウニ・オン・ザ・煮玉子」。誰だ、こんなネーミングしたのは! どうもすいません、ぼくです。

Todaka gotanda 6887

そして、最近のお気に入りのいぶりがっこ入りポテサラ。世界中のポテサラにはすべからくいぶりがっこを入れた方がいいと思うよ。

Todaka gotanda 6882

レモンをジューサーにかけたレモンサワーで乾杯! これもクセになる!

このあたりで「食堂の席が空きましたよ〜」というので移動です。

「食堂とだか」へはしご酒

Todaka gotanda 6902

マスター、目の前で肉のカットしてました。そうか、肉塊を購入してきて、こんな風にフードスライサーで肉のカットをしていたのですね。

Todaka gotanda 6905

どこまでもフォトジェニックな戸高店長です。

Todaka gotanda 6889

そして「新商品なので試食ししてみてください」と差し出されたのがこちら。

んん!?

Todaka gotanda 6893

とだかスペシャル!?

自分の名前をネーミングに利用しているというのですから、相当の自信作なのでしょう。

Todaka gotanda 6895

いやいやいやいやいやいやいや。

牛肉、ウニ、そして‥‥トリュフ! たっぷりトリュフ!

これは美味しくないわけないじゃないですか。ヤバイやーつ。口の中に放り込めば、もうそこは極楽浄土です。華やかで美味い!

危険なものが考案されてしましましたね‥‥3,000円と「食堂とだか」の中ではお値段ははりますが、グループで食べるなら絶対オススメです。食材と味からすると高くないです。

そして、最後の〆にはこいつが待ってます。

Todaka gotanda 6897

「うしご飯」です!!

フードスライサーで薄切りされたほわほわの美味しい牛肉がこれでもかとご飯の上に盛られています。うめぇうめぇ。

と、こんな感じで「とだか」で始まり「とだか」で終わるという、とっても幸せなナイトを過ごしたのでした‥‥オール美味いっしょ!

ごちそうさま!!!!!!

ネタフルではこんな記事を書いてますので、ぜひよだれダラーな感じで読んでくださいね。

「食堂とだか(五反田)」レアで柔らかい牛ご飯とウニ・オン・ザ・煮玉子が最高にデリシャス!!

「食堂とだか(五反田)」甘くて柔らかい牛肉のうしご飯とウニ・オン・ザ・煮玉子が食べたくなったら行ってごらん、優しいマスターが待ってるよ。

まだ飲み足りないという人には、同じく五反田ヒルズにある「コワーキングスナック」をオススメします。メガネ女子のかわいいママが待ってます。

「コワーキングスナック」五反田ヒルズにオープンするスナックに突撃してきた!サエコママかわいい&昭和歌謡の似合うオジさんのオアシスだった

「立呑み とだか」アクセス

住所:東京都品川区西五反田1-9-3 リバーライトビル B1F

>>食堂 とだか