スポンサードリンク

英単語の上に日本語の意味を表示するGoogle Chrome機能拡張「Read Ruby」

スポンサードリンク

英単語の上に日本語の意味を表示するGoogle Chrome機能拡張「Read Ruby」

Google Chromeで英文を読む際に、英単語の上に日本語の意味をルビとして表示する「Read Ruby」というGoogle Chrome機能拡張がありました。レベルを設定することで、ルビをふる英単語を調整することが可能です。

スポンサードリンク

「Read Ruby」のインストールと使い方

Google Chrome機能拡張をインストールするだけなので、簡単に使うことができます。コチラからインストールしてください。

英単語にルビをふりたいサイトで、ツールバーのボタンをクリックすると、翻訳したルビが表示されます。

英単語の上に日本語の意味を表示するGoogle Chrome機能拡張「Read Ruby」

翻訳レベルはボタンを右クリックした「オプション」から変更することができます。

英単語の上に日本語の意味を表示するGoogle Chrome機能拡張「Read Ruby」

レベルは、アルクのSVL12000を基準にしているそうです。

試しにレベル5だとこんな感じです。

英単語の上に日本語の意味を表示するGoogle Chrome機能拡張「Read Ruby」

レベル5は「大学受験前に覚える英単語」というレベルで、ほとんどルビはふられません。

続いてレベル2です。こちらは「日常生活で活躍する英単語」というレベル。

英単語の上に日本語の意味を表示するGoogle Chrome機能拡張「Read Ruby」

一気にルビが増えます。さすがにここまでルビが増えると、逆に読みにくさが出てきますね。

レベルを変更しながら、自分にちょうど良いルビのレベルを探し出してみてください。

他にも翻訳系のGoogle Chromeはいくつかありますが、英単語にルビをふるというのは面白いアイデアですね。

興味のある人は「Read Ruby」からインストールしてお試しください。

関連記事

選択したテキストを翻訳するGoogle Chrome機能拡張「Google翻訳」

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

iPhoneで撮った最高の写真をシェアしよう「Shot on iPhone Challenge」開催

次へ

ネタリスト(2019/01/23 15:30)「エラー運賃」を航空会社が多発させる事情