スポンサードリンク

ウェブページのスクリーンショットを撮影するGoogle Chrome機能拡張「FireShot」

スポンサードリンク

Fireshot 07 06 1727

スクロールしないとページ全体が表示されないようなウェブページのスクリーンショットを撮影するのに使えるGoogle Chrome機能拡張「FireShot」をご紹介します。インストールするとGoogle Chromeのメニューバーに表示されますので、クリックしてメニューを選択してスクリーンショットを撮影です。

スポンサードリンク

Google Chromeでウェブページのスクリーンショットを撮影する

メニューとしては、次の3つがあります。

・ページ全体をキャプチャ
・目に見える部分をキャプチャ
・キャプチャ選択

さらにカミナリアイコンで一番上にメニューがあるのですが、これは最後に使ったメニューにすぐにアクセスできるように表示されています。

また、ページ全体のキャプチャ以外は、OS Xの機能を使ってもスクリーンショットを撮影することは可能です。

Fireshot 07 06 1728

こちらが、ページ全体のスクリーンショットを撮影したところです。撮影が完了すると、新しいタブが開いて内容が表示されます。

Fireshot 07 06 1728 1

撮影したスクリーンショットは、

・画像として保存
・PDFとして保存
・クリップボードにコピー
・印刷

から、操作を選択することができます。

続いて、自分でスクリーンショットの範囲を選択したところです。

Fireshot 07 06 1729

きちんと一部分だけ表示されていますね。

Fireshot 07 06 1730

こちらはオプション設定です。フォーマットをPNG、JPGから選択したり、キーボードショートカットを変更することが可能です。

その他の「Google Chrome」機能拡張もご覧ください。

スポンサードリンク

前へ

【Amazon プライムデー 2016】Prime Nowの配達人に芸人起用を発表 〜NON STYLE・FUJIWARA・村上ショージ・藤崎マーケット・千原せいじ

次へ

六本木のサイゼリヤは個人席がある上に電源コンセントとUSBポートまで完備していてお一人様の作業に快適な予感