2011-01-20_1146.png

タブを復元したり、クラウド経由で複数のPCでタブを同期することができる「TabCloud」というGoogle Chrome機能拡張を試してみました。

2011-01-20_1150.png

使用するには、サイトから「TabCloud」をインストールしてください。完了すると、ツールバーに「TabCloud」の雲のアイコンが現れます。

2011-01-20_1138.png

使用には、ログインが必要です。

2011-01-20_1138-1.png

Googleアカウントでログインすることができます。普段使用しているGmailのメールアドレスでログインしました。

それでは実際に試してみます。

タブをいくつか開いた状態で「TabCould」の雲のアイコンをクリックします。

2011-01-20_1140-1.png

ウィンドウが開き、開いているタブのファビコンが表示されます。フロッピーディスクのアイコンで、開いているタブを保存をします。

2011-01-20_1141.png

これでタブを開いている状態が保存されました。保存した日付が表示されています。

2011-01-20_1156.png

この日付の部分はクリックしてリネームが可能なので、定番のサイトを保存しておいたりするのに便利そうです。

また、controlキーを押しながらファビコンをクリックして、タブを開くことも可能ですし、ファビコンはドラッグして位置を変更可能です。

それでは保存してあるタブを開いてみます。

2011-01-20_1142.png

保存してあるタブのところで「+」をクリックします。これでタブの状態が再現されます。

以上「TabCloud」の基本的な使い方をご紹介しました。

特に複数のPC間を移動するような使い方をする人には、タブの同期は非常に便利なのではないでしょうか(無料で利用可能!)。

自動的に全てのタブを同期してくれる便利だな‥‥と思ったのですが、そこまでの機能はないようです。

そして、さらに強力なのは「TabCloud」に保存してあるタブをiPhoneからも閲覧することが可能な点です!

https://chrometabcloud.appspot.com/tabs.jspにアクセスすると、下記のように「TabCloud」に保存しているタブを表示してくれます。

snapshot-1295492958.194474.jpg

このURLは単純に表示しているだけなので、Androidからもログインすることが可能です。

ウェブのURLをPCとiPhoneで同期する方法はいろいろありますが、同期するブックマークの代わりとして「TabCloud」を利用することができますね。

さらに書くとFirefoxにも「TabCloud」のアドオンがありまして、そちらとも同期することが可能です(Firefox 3.6〜)。

2011-01-20_1229.png

かなり便利な気がするので、SafariからGoogle Chromeに浮気してみようかな‥‥とチラリと思ったりしています。

#ネタフル「Google Chrome機能拡張」カテゴリもどうぞ。