スポンサードリンク

「Google+」2019年4月2日でサービス終了

スポンサードリンク

「Google+」2019年4月2日でサービス終了

2019年4月2日を持ってGoogleのSNSサービス「Google+」が終了しました。既にアクセスしても内容は表示不可となっています。次のようにアナウンスされています。

一般ユーザー向け Google+ サービスは終了しますが、他の Google サービス(Gmail、Google フォト、Google ドライブ、YouTube など)は引き続きご利用いただけます。また、これらのサービスへのログインに使用している Google アカウントも引き続きご利用いただけます。Google フォトにバックアップ済みの写真や動画は削除されません。

スポンサードリンク

「Google+」が終わった

鳴り物入りでリリースされ、当初はAKB48がプロモーションするなどして盛り上がりを見せた「Google+」だったのですが、FacebookやTwitterなどに並ぶような成長は見せられなかったのかな、と思います。

Ingressがリリースされてからは、エージェントの交流の場として積極的に活用されましたし、個人的にもIngressイベントの打ち合わせなどに利用したものです。

率直に言って、一般の人が使うのには、サークルの概念などは分かりにくかったかな‥‥というのはありますね。それが「Google+」のユニークさではありましたが。

こうしてサービスの始まりから終わりまでを見届けるのはいくつ目だろう。

でも、こうして局所的に惜しまれながら終わっていけるのは、サービスとしては本望‥‥なのかな。どうでしょうか。

「Google+」の本も執筆しましたが、2011年のことでしたか。

Ingressのエージェントはどこに行く?

Facebookは実名だし、Twitterはコミュニティーではないし‥‥ということで、Ingressのエージェントが利用する代替SNSがずっと話題になっていたのですが、これが決定版というのはなかったような気がします。

ナイアンティックでは代替プラットホームとして、Ingressフォーラムをリリースすることをアナウンスしています。

Ingressの公式アナウンスメント・サポート・コミュニティの皆さん同士の対話のためのプラットホームになるということです。リリースは2019年6月が予定されています。

最終更新日:

スポンサードリンク

スポンサードリンク

前へ

【雑誌付録】「fam Autumn Issue 2018」吊り下げ式ロールポーチを試してみた

次へ

2020年リリースのiPhoneは有機ELディスプレイ搭載の3機種か?