Waymo 0948

Googleの自動運転プロジェクトが「Waymo」として独立しました。1プロジェクトだった自動運転プロジェクトは、独立してより現実に歩みを進めるということなのだと思います。クライスラーとの提携も予定されています。Googleの自動運転車ユニット、Waymoとして独立―クライスラーと提携して事業展開もという記事になっていました。

Googleは自動運転車事業を独立の企業としてスピンアウトさせる。今日(米国時間12/13)、GoogleからWaymoという新会社の名称が発表された。

「Waymo」というのは「移動のための新しいやり方(a new WAY forward in MObility)」という意味が込められているそうです。親会社Alphabet傘下の企業の中で「W」を冠された会社ということになります。

自動運転を諦めて運転をアシストする方向に軸足を移すのでは、という報道もされていましたが「Waymo」のCEO、Jon Krafcikは「われわれのビジネスは良い車を作ることではない。われわれのビジネスは良いドライバー〔システム〕を作ること」と説明しています。

となると、自動車メーカーと協業することになり、まずは「次世代のセンサー関連技術はクライスラー・パシフィカの最新モデルに搭載される」ということです。

■関連記事

Googleの親会社Alphabet、自動運転車プロジェクトを「Waymo」としてスピンアウト - ITmedia ニュース

Googleは2010年に自動運転車プロジェクトを立ち上げ、これまでに約322万キロのテスト走行を行ってきた。現在もワシントン州、カリフォルニア州、アリゾナ州、テキサス州など、自動運転を認めている州でテスト走行を続けている。