2015 06 08 1631

個人的にはフォトストレージはほとんど使っていないのでそれほど興味はなかったのですが、使う使わないは別として、Googleフォトは "データが圧縮され劣化して使えない" は本当か? 実際に比較した結果が凄かった。|パソコン全般 デジタル@備忘録という記事を読んだら、その圧縮技術の素晴らしさに驚きました。

Googleフォトって写真は16メガピクセルまでの写真であれば元のサイズのままアップロード出来るってことになっていますが、それはpixelの話で画像サイズの話です。 もしかしたらご存知無い方もいるかもしれませんが、16メガピクセル以下の写真でも全てのjpeg画像は圧縮されアップロードされています。小さな長辺1000pixelのような画像でもです。

基本的には、規定の16メガピクセル以下の写真であっても、アップロードした際に圧縮されるそうです。で、この圧縮技術が凄い、という話です。

何枚も写真を使い「Googleフォト」のアップロード前と後を比較しているのですが、ぼくは違いが分からないですね。「Googleの圧縮技術は JPEGminiに匹敵する技術を使って画像圧縮してる」という風に説明されています。

データ量は1/3や半分以下になったりするらしいので、ブログに使う画像は「Googleフォト」にまとめてしまい、圧縮してから使うようにした方がサーバー容量に優しかったりするようです。

一方で、知らないとマズい、「Googleフォト」で写真を削除すると同期している端末上からも消える事実とその対策 | アプリオという記事もありました。

Googleフォトを利用する上で、その大多数のスマホユーザーこそが注意すべき点がひとつあります。それは、写真の削除がGoogleフォトと端末ストレージとで原則として同期しているということです。

Androidは、ウェブ版またはAndroidアプリ版から写真を削除すると、Andorid端末からも削除されるそうです。

iOSは、ウェブ版から削除しても影響はないものの、iOSアプリ版から削除するとiOS端末から削除されるそうです。

アラートは出るということですが、この挙動は注意しておきたいところですね。この仕様が使いやすいという人もいれば、思っていた挙動と違うと感じる人もいると思います。

Googleがまた新しい無料サービスを始めるようです(山本一郎) - 個人 - Yahoo!ニュースでは「Googleがそこまでして大量の画像・動画データを無料で保管してくれる理由はどこにあるのでしょうか」ということも触れられています。要するに写真を学習させ、広告に使える、ということなのですね。

さらに、個人的にちょっと怖いと思ったのが、紹介されていたこちらのツイートです。

子供が小さいうちはソーシャルメディアに写真を掲載する、大きくなったら顔が変わるから分からなくなるだろうから‥‥と思っている人もいるかもしれませんが、いつの日か「あなたの子供時代の写真はこれですね?」なんていう時代がやってくるのかもしれません。

「Googleフォト」関連記事

【Googleフォト】他の人の写真を自分のライブラリに追加する方法

【Googleフォト】写真(アルバム)を共有する方法・共有を解除(削除)する方法【ウェブ版】

「Googleフォト」月間のアクティブユーザーが1億人突破と発表