2015 04 23 1645

携帯電話網とWiFiがシームレスに繋がるという、Google独自の携帯通信サービス「Project Fi」が発表されました。Googleが携帯電話事業に参入するという噂はありましたが、WiFiとシームレスなサービスを提供してくるとは。速報:Googleの独自携帯サービス Project Fi 発表。年契約縛りなし、複数社LTE網とWiFiを一元化という記事になっていました。

特徴は独自の基地局や回線に頼らず、複数の携帯キャリア(SprintとT-Mobile)のLTE網や既存のWiFiホットスポットを仮想的に一元化してシームレスに接続できること。GoogleではProject Fi を「ネットワークのネットワーク」と呼んでいます。

すごい発想だなぁ。年契約などの縛りはなく、国内無制限通話や無制限SMSなどを含む基本料金が20ドルに、LTEデータ1GBごとに10ドルというシンプルな料金体系です。

2015 04 23 1657

当初は「Nexus 6」のみが対応するということですが、iPhoneから乗り換えてもいいかな、体験してみたいな、と思ってしまうようなユニークなサービスです。

日本だとSIMロック解除が義務化されることに対して、キャリアがいかにユーザを縛ろうかと考えているようですが、離れられなくなるサービスを考えることに頭を使った方が良いかもしれませんね。

WiFiサービスも日本にはありますが、スポットごとの信頼性がいまいちの気がして使わなくなりました。「Googleが速度と信頼性を確認した100万以上のWiFiホットスポットに接続」というのは魅力的です。

まずはアメリカで招待制から。試してみたい!

■関連記事

Google、独自モバイル通信サービス「Project Fi」発表 LTE+Wi-Fi体験を低価格で - ITmedia ニュース

提携するキャリアは米Sprintと米T-Mobileの2社で、両社のLTE網を1枚のSIMで利用できる。常に最速なネットワーク(Wi-Fiも含む)を検出して接続するので、ネットワーク間の切り替えもシームレスで通話が途切れるようなことはないという。つまり、Wi-Fiでも通話できる。

米Googleが携帯サービス「Project Fi」開始、2社のLTEが使えて月額基本料20ドル+容量1GBが10ドル -INTERNET Watch

電話番号をクラウド化することで、その電話番号による音声通話やメッセージングサービスをマルチデバイスで利用できるのも特徴だ。新規購入またはすでに所有しているNexus 6のほか、「Google ハングアウト」に対応したAndroid/iOSスマートフォンやタブレット、Windows PC、Mac、Chromebookでも、Wi-Fi接続で通話やメッセージングサービスを利用可能。