2015 01 23 1634

日本だと「格安SIM」というキーワードが先行していますが、いわゆる回線を再販する「MVNO(Mobile Virtual Network Operator)」にGoogleが参入することになったようです。まあ、当然といえば当然でしょうか。Google、ついにMVNO市場に参入へ! - iPhone Maniaという記事になっていました。

GoogleはまずT-Mobile USとSprintのMVNOとして音声、データ通信サービスを開始する計画のようです。このサービス開始でGoogleの携帯電話事業はスマートフォンOSの提供、アプリマーケットの設置、コンテンツ販売などから一歩踏み出すことになります。

Googleが使用する回線はT-MobileとSprintで、音声サービス、データ通信サービスをGoogleブランドで開始することになります。スマートフォン、タブレットの中に入れるSIMカードを、Google自身が販売することになるのですね。

スプリントとGoogleが提携すれば、それはすなわちソフトバンクグループとの提携となり、日本でもGoogleのMVNO事業参入が期待されます。

日本だとNTTドコモの回線を利用する「MVNO」が多いのですが、Googleとソフトバンクのコンビでサプライズがあったりするでしょうか。ソフトバンクに限らず、日本でのGoogleの「MVNO」サービスも期待されるところです。特に、広告を表示することで料金を割引するといった施策をする可能性もあります。

Googleは「Google Fiber」という高速ネットサービスも提供しています。