2015 01 09 1033

アメリカではGoogleの検索シェアが過去最低になりました。これはFirefoxの検索エンジンが、GoogleからYahoo! に切り替わったことによるものということです。グーグル検索、米国でシェアが低下--米ヤフーと「Firefox」の提携が影響かという記事になっていました。

ウェブ統計企業StatCounterによると、2014年12月の米国検索市場におけるGoogleのシェアが11月の77.3%から75.2%に減少し、2008年以来の最低値を記録したという。一方、米Yahooのシェアは8.6%から10.6%に増えた。「Bing」は12.1%から12.5%とほぼ横ばいだった。

Googleの検索シェアは、2008年以来の最低値である75.2%を記録したということです。Yahoo! はFirefoxとの提携により、10.6%に伸びています。

Firefoxのデフォルトの検索エンジンは変更できるということですが、果たしてどのくらいのユーザが元に戻すか、ですね。

StatCounterは12月、初めてYahooをデフォルトの検索プロバイダーとする「Firefox 34」のリリースにより、同ブラウザにおけるYahooの利用率が30%にまで増加したと報告した。「Firefox 33」でのYahooの利用率は9.6%だった

ウェブブラウザの検索窓は自分でもよく使いますが、やはりかなりの影響力を持っている場所なのですね。目に見えてシェアが変わるのですから、お金を払ってでもデフォルトの検索エンジンになりたいという気持ちはよく分かります。

MicrosoftとYahoo! は、iOSのSafariのデフォルト検索エンジンを狙っているとも伝えられています。

■関連記事

Google検索、米国市場でのシェアが過去最低に FirefoxのYahoo!移行で──StatCounter調べ - ITmedia ニュース

StatCounterによると、12月の米国Webブラウザ市場におけるFirefoxのシェアは12%で4位。なお、StatCounterはプレスリリースでは触れていないが、12月に米MicrosoftのIEとGoogleのChromeが大きく逆転している。