2014 12 31 1724 1

そんなにたくさんタブを開いている訳ではないのですが Kernel_task が暴れ回るなどして「Google Chrome」の動作が重くなってしまったので、ひとまずの対処として再インストールしてみることにしました。Googleアカウントで同期すれば、インストールしている機能拡張や開いているタブも同期できることに気づいたからです。ということで、カジュアルに「Google Chrome」を再インストールしてみました。

Googleアカウントの設定を確認しておく

まず最初に「Google Chrome」でGoogleアカウントによる同期がきちんと設定されているか確認しておきます。

2014 12 31 1715

「GoogleChrome」のメニューから「環境設定」を確認します。

2014 12 31 1715 1

「同期の詳細設定」を確認します。本来は違うPCを使う際に「Google Chrome」の設定をクラウド経由で同期する設定ですが、再インストールの際にも使えることに今更ながらに気付いた次第です。

2014 12 31 1716

とりあえず「すべてを同期する」になっていることを確認します。いちおう、ここに書かれている設定は全て同期される「はず」です。

「Google Chrome」を削除する

確認後「Google Chrome」を削除します。「Google Chrome」の削除には「AppCleaner」という、アプリ削除用のソフトを使いました。

「Google Chrome」を再インストールする

2014 12 31 1723

続いて「Google Chrome」の再インストールを行います。ココからダウンロードして再インストールを行います。「Mac App Store」にあるかと思いきや、Googleのアプリはありませんでした。

2014 12 31 1724

ぼくは「Google Chrome」を既定のウェブブラウザとして設定して使用しています。既定のウェブブラウザというのは、メールソフトでURLをクリックした際などに起動するウェブブラウザのことです。

2014 12 31 1724 1

「Google Chrome」のインストール後、Googleアカウントでログインして再インストール作業は完了です。が、機能拡張やブックマークは同期したものの、最後に開いていたタブは再現されませんでした。数が多くなかったので、履歴から辿ることができましたが。また、当たり前かもしれませんが、サービスごとのログインID/PWは再入力が必要です。

Google Chrome機能拡張内に設定していたデータなども、消えてしまったものがあり、やはり完全に再インストール前と全く同じ状態にするのは難しいものだな、と実感しました。

とりあえず、今のところは Kernel_task は暴れなくなって無駄に「Google Chrome」の動作が重くなるということはなくなっていますが、もう少し様子は見たいと思います。余計なモノが削除され、スッキリした感じが新年には気持ち良いな、と思っています。