2014 05 15 1036

自分の名前で検索した際に、あまり都合の良くない情報が表示されることに関して、グーグルは「忘れられる権利」を尊重すべき=EU司法裁判所というニュースがありました。

欧州連合(EU)司法裁判所は13日、インターネットで自分の名前を検索すると結果に過去に報道された記事が表示されるのは不当だとするスペイン人男性の訴えを認め、米インターネット検索大手グーグル(GOOGL.O: 株価, 企業情報, レポート)に対して、不適切あるいは過度の個人情報を削除するよう命じた。

この男性は、自宅の担保差し押さえの新聞記事が検索結果として表示されたそうで、それを不服として訴えていたそうです。

どのようなものを削除するのか、どこまで削除するのか、とても難しい問題ではありますが、本人にとっては深刻な問題です。

なんでもかんでも削除できるかといえば、そうではないでしょうし、削除できることが分かれば、世界中から申請がくるでしょうし、Googleとしてもかなりのコスト増が見込まれるところではないでしょうか。

グーグルは、昨年EU司法裁判所のアドバイザーから得た、検索結果から慎重に扱うべき情報を削除することは表現の自由を妨げるとの意見と今回の判決は矛盾しており、失望したと述べた。

ネタフルにも時々、過去の記事に掲載されている情報を削除して欲しい、という連絡が来ることがあります。